スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AZ spy washable calf stand collar jacket

DSC01626.jpg
AZ スパイウォッシャブルカーフ スタンドカラー 

革+タイトな立ち襟のアウター=好きすぎる組み合わせ。
2011年1月zozoで購入したAZのレザージャケット。
とにかくスタンドカラーもののアウターに目がなく、さらにレザーとくればこれはもう買わざるを得ない。
あと自分の中でかなり大事なのが、コットンなどのリブがないこと。
袖口や裾にリブが入っていると一気に購買欲がなくなる。多分ジャージが嫌いだからだと思う。
実際このデザインとマテリアルのシンプルなジャケットはかなり探してもなかった。
唯一過去のwjkにあったけど、そのときにはいろいろな事情(ただ単に金銭的余裕がなかったから)買えなかった。
だから、これは非常に気に入っている。

某巨大掲示板にはとりあえずいいことは書いてなかったけど、そんなに悪くないと感じている。
というよりも革の善し悪しをはっきり判断できるほどの眼を持ち合わせてはいないので、個人的な印象と値段のバランスに納得がいくかどうかが大事だと僕は考えている。

もし噂のようにこれが仮にカーフじゃなくてキップだとしても。
確かに、カーフにしてはちょっと革が厚いかな・・・と思わないではない。
ただ、カーフとキップを分ける牛の月齢が6ヶ月。
成長のいい/もしくは革が厚い種の生後5ヶ月29日の牛だったら、それはカーフだ。

メーカー側がカーフだというんだから僕はカーフだと思っている。

実用レベルからすればカーフだろうがキップだろうが大勢に影響はない。
もし万が一、後々カーフではなかった、ということになったらメーカーの姿勢にはNoと言わざるを得ないし、その後の僕の購買意欲もだいぶ落ちるとは思うけれど。

ただ革の質、という点においては所有しているアルマーニのレザージャケットには到底及ばない。
値段も4倍近く違うから当然なんだけど。

着た感じはかなりタイト。
僕は胸筋があるので、着始めは胸回りがちょっとつっぱったけどこのひと冬着たらすこし伸びて馴染んで、気にならなくなった。
風は通さないが暖かさはないので、これにwjkのダウンベスト+マフラーという格好をこの冬はよくしました。

ポケットがもう少し大きければ良かったなー、と思う。
あと、猫も杓子もririジップはM8というタイプのもので、あんまり引き心地は良くない。
ティリティリティリ、という音もあまり好みではない。YKK好きとしてはエクセラが良かった。

でも、その他はおおむね大満足。

来シーズンも大事に着たいと思います。














たぶん僕が欲しかったのってこれじゃないかしら。

関連記事
[ 2011/05/19 00:01 ] アウター | TB(0) | CM(3)

はじめまして

いつも拝見させてもらっています
わたしも以前にwjkのカルぺレザーが欲しかったのですが金銭的余裕がなかったくちで今回ようやく AZ スパイウォッシャブルカーフを購入する予定なんですが某巨大掲示板を調べていると

””原皮素材はアメリカの最良品質“キップ”(イタリアのモンテベローではこれを“カーフ”と呼ぶ)を採用””と書いているのをよく見かけます
実際、wjkのカルぺレザーに比べてどうなんでしょうか?アタック ザ マインド7 のほうに近いですか?
またお返事頂けると嬉しいです
[ 2011/12/23 00:04 ] [ 編集 ]

ロビンさま。

お返事遅くなりまして申し訳ありません。
コメント&ご訪問ありがとうございます。

ごめんなさい・・・・。ATM7は実物を見たことがないので何ともいい難いのですが、画像だけ見ると、AZのレザーと同じ感じに見えます。wjkのカルペレザーよりAZのほうが硬い印象です。
参考になるかわかりませんが・・・。
[ 2011/12/23 21:34 ] [ 編集 ]

お返事ありがとうございます

非常に参考になりました!!
しかし理想はwjkのカルペレザーなんで悩みます。。。
また覗きに来ます!ありがとうございました!!
[ 2011/12/24 17:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/76-0c3a6844







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。