スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

hermes clipper / エルメス クリッパー

DSC02318.jpg
エルメス クリッパー ドゥブルトゥール パワーリザーブ
hermesのデザイナーがmartin margieraだった1998年(~2004年)に発表された時計。
これが出たときはまだ学生だったので買えるはずもなくただただ憧れを抱くだけ。
こんなアクセサリー要素を持った時計なんてそれまで見たことがなかったので、働いたら絶対探して買うぞ!!と思っていた。

そして2007年5月ようやく保証書がきちんと付いた新古品を探して購入。
ベルトはステンレス・スティールだったので、hermesに行って、このドゥブルトゥールの革ベルトだけ購入し変更した。時計は預かりになって、ちゃんと付け替えられて帰ってきた。確か3万円くらいだった気がする。
ちょっとオイルアップしたスエードっぽいベルトもあったんだけど、こちらの表革のものに。
このとき、購入した経緯を説明してちゃんと本物であるというお墨付きをもらった。

DSC02323.jpg
0時に24時間針、6時のインジケーターはパワーリザーブがある

ちゃんと描出出来てないけど、針の色はブルー。
ケース径は38mm。40mm以上の時計は個人的に好まない。

DSC02324.jpg
裏はシースルーバックでムーブメント(多分ETA製)がちらっと見える

DSC02325.jpg

DSC02319.jpg

夏場、革のブレスは正直暑いんだけどとてもいいアクセントになるのでまったく飽きることなくつけています。
時計好きから見るとほとんど価値のない時計かもしれないけど、個人的には歴史に残る時計デザインだと思っています。













楽天、けっこう売り切れてますね。
やっぱ、今でも好きな人はすきなんだろうな。


関連記事
[ 2011/05/23 00:07 ] 時計 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/74-616c865d







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。