スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ジャスト」サイズが意味するもの -2017AW Smoothdayコートのレビューとともに-

ジャスト1 ジャスト2 ジャスト3
靴以外:Smoothday
靴:Hermes

[久しぶりのSmoothdayで衝撃を受けた]
先日、小野メリヤス/Smoothdayのショールームに行ってきた。
最近は忙しくて即売会にも1年以上行ってなくて、ようやく有給を使える余裕ができたので。

やっぱりカットソーと、それから2017awのサンプルもいくつか見せてもらった。

ウールコズモラマのオーバーサイズTシャツ、ソフトウールのタートル、ディオラマのシャツ。
久しぶりに見たsmoothdayは静かに、でも確実にその歩みを進めているようだった。

そして、冒頭の画像のコートを試着して、息を呑んだ。
ごく控えめに言って、ものすごく美しかったのだ。
その佇まいが。

先のシーズンでもこのコートは展開されていて、かなり遅まきのレビューとなる。

ラックに掛けられているときには、さしたる主張は感じず、真っ黒で素っ気ない重衣料(ネイビー展開も予定しているが、メンズのサンプルは黒だった)といった風情だった。

しかし手に取ったときにその印象は覆される。
スーパー140Sの強縮で、手触りの良さはもちろん、ドレープの生み出す陰影がとても、とても美しかった。
重力に負けるその様が。

そして袖を通したときに第一の、それから鏡の前に立って第二の衝撃が来た。
3というサイズを試着したのだが、ふわっと肩に乗り、嫌な重さや窮屈さがどこにもない。
袖に身頃に、美しいドレープを生み落としながら、生地は地面へ向かっていく。

ジャスト3

これも昨今大流行しているいわゆるビッグシルエットに分類されるコートなのだろうと思う。
しかし、グレーディングで単に大きくしただけのそれとは明らかに違う。
その大きさゆえの不快感がまるでない。

肩がドロップに流れない。
高い袖山と深いカマによって生まれる身頃のオーバーサイズ独特の美しいドレープ。

普通こんなアームホールにしてしまえば極めて動かしにくい袖になってしまう。
しかしそこはSmoothdayの真骨頂ともいえるパターン。
前袖をセットイン、後ろ袖をラグランにしたいわゆるスプリットラグランで、さらにそのふたつを内袖を挟んで繋ぐ3枚袖にすることで運動量を確保する。その工夫が美しいかたちとドレープをも生み出す。

ジャスト2

ビッグシルエットなのにそこにあるはずのルーズ感はなく、存在するのはまるでガウンのようなリラックス感だけだ。
着ているのを忘れるような、というのでは決してない。
包み込まれるような、という使い古された表現がぴったりくる。

なのに鏡の前に立つと、だらしなさが皆無で、むしろすっきりとして見える。

ビッグであることに必然性があるのだということを、このコートを試着することで初めて理解できた気がした。
形が大きい、という単純なものではない、いわば行間に潜むその意図が。


[ジャストサイズ、とは何を意味するのか]
これだけ鼻息荒くレビューしておきながら、逃げのようにも聞こえるだろうが、これはあくまで俺が試着して感じたあくまでも個人的な感想だ。

俺の感覚に衝撃を与えたに過ぎない。

万人の体型にフィットする型紙などない。

色々なひとびとや媒体が「ジャストサイズ」という表現を軽々しく口にするが、ジャストサイズは個々人の頭の中と着用感にしか存在しない。
もしあなたと全く同じ体型の男性がいたとしても、あなたのジャストサイズと彼のジャストサイズは必ずしも一致しないのだ。

サイズ的なジャストを追求していけば究極的には全身タイツのようなひとのあるがままの体のラインを浮かび上がらせるような服になってしまう。
毎日体を鍛え上げ、メンズフィジークを極めようとする男ならまだしも、誰がそんな服を欲しがるだろう?

「ジャスト」が意味するものは、人が美しいと思い描くその理想の造形を達成するためのシルエット・サイズのことなのだ。

少なくとも俺にとってはこのコートはまさしくジャストだった。

時代、流行、個々人の嗜好などにより「ジャスト」は変化する。
単純にサイズを大きくしただけのビッグシルエットのコートが「ジャスト」な場合だってあるだろう。
これこそが俺が求めていた洋服だ、と感じる人がいてもそれは全く不思議なことでもないし間違ってもいない。

ただ、(準)絶対的な美しさというものはきっとあって、このSmoothdayのコートは多くの人々の美しさの琴線に触れるのではないかと思っている。
ビッグシルエットでありながら「ジャスト」サイズのコートとして。


[最大公約数というものがある]
ヨーロッパのテイラーやメゾンがなぜあれだけ永い間存続できているのか考えたことはあるだろうか?
パトロンの存在、政治的膂力、経営センス。
もちろんそれらも大きなウェイトを占めていると思う。

でも多分それだけじゃない。
それまでに引いてきた夥しい数のパターンとその科学的分析、経験則の蓄積により醸成された、ひとの体のラインを補正し美しく見せる技術、つまり大多数のひとびとを美しく見せるルールを彼らはよく知っている。

万人にフィットする型紙など存在しない。
しかし大多数にフィットする型紙は存在しうる。
そのノウハウこそ、彼らを何世代にも渡りブランド/メゾンとして存続せしめている。

同じ香りを、俺はSmoothdayから感じている。

放言と取られてもいい。
Smoothdayのこのコートは、もっと大げさに言えばデザイナーの杉原淳史が引くパターンは、ジャストサイズの不安定性を紐解くひとつの解なのだ。

人の数だけある無数の体型の最大公約数が、ここにあるのかもしれない。

このコートがあなたにとっても「ジャスト」だったら、この感動を共有できたら、俺はとても嬉しい。
関連記事
[ 2017/03/27 00:31 ] 雑記 | TB(-) | CM(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。