スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Today's Style-211-

ts211-1.jpg ts211-2.jpg
Outer:Carol Christian Poell
Denim:Kuro
Sneaker:Nike
Bag:guidi

[葛藤]
実は、というほどの打ち明け話でもないのだが、最近着ているもののクレジットをあまり書きたくないような気持ちになってる。

書きたくないというか書かない方が今の心情にあっているというか。

というのも結局「〜の服を着ている」っていう情報が入った瞬間、見ている側に何らかの感情が生まれると思うからだ。

例えばブランドロゴがはっきり入っているような服は、その情報を発散しながら存在しているわけで、つまりは見ている側に直接的な情報を与えることを是としている服だから、それでいい。

supreme身につけてたらオシャレじゃん?(すっとぼけ)

しかし俺は洋服を着る時、個々の服にしてもスタイリングにしてもそういった在り方を好まない。

秘匿の美といえばいいのか、これみよがしに何かを主張することをなんとなく無粋に感じてしまう。
かといってNikeのswooshは別に気にならないから、単に好き嫌いの問題なのかもしれない。

これみよがしに何かを主張するのが無粋だと言いながらこうやってセルフィをインターネットの海に投じる行為は粋なのかと問われれば、返す言葉もない。

テーブルの上に、俺が載っているページを開きっぱなしにした本を置いておき、さもそれは何の他意もなく置いたんだ、なんなら気まぐれな風がページをめくりたまたま俺のページが開いたんだという体で、誰かの目に止まって欲しくたまらず、それを目にした誰かにはもれなく褒めて欲しいという、極めてめんどくさい男が俺なのだから仕方ない。飲み込んでくれ。

他人から見たダブルスタンダードも、当人にとっては全く矛盾のない行為だったりするからタチが悪いよな。

ただ翻って俺の場合、街行く人々の格好を見るのとは違って、雑誌やwebなどでスタイリングを見るときには、それがかっこよければかっこいほどクレジットは知りたいと思ってしまう。

「これどこの服だろ?」

この自然に生まれてくる疑問には抗えない。
それは誰にも止められないのだ。
高層湿原の湧水を止められないのと同じことだ。

そもそもこのブログはそういうクレジットなどを明らかにして見てもらうというコンセプトでやっているので、やはりクレジットは書かざるを得ない。

しかし文字情報を見るのではなく、視覚から得られる情報でいろいろと判断してもらいたいという、これまたわがままな思いが最近頭をもたげる。

という具合にいい感じで拗れていて、割と今年はレザーをよく着たので、冒頭に吐露した思いなどなかったかのようにいつもの解説を始める。

ポエルのフェンシングジャケットはなあtkjもういいよお前がそれを好きなのはわかったそろそろお前も次の一歩を踏み出していい頃だと読者のみなさまの誹りを免れない一品ですがそうはいきません!
こいつはまだ俺に心を許しちゃいない。
俺ももちろん許してない。
気を抜いたら後ろからもってかれんだよ。
こいつを着るってのはなあ、やるかやられるか命を散らした戦いなんだ。
俺がポエルを着るとき、ポエルもまた俺を着ているってことだよ。

何言ってるかわからねえだと?

おれもさっぱりわからねえ。


かねてからkuroのデニムを推してますが、やっぱり値段がいいよね。
14000円。色落ちもいいよ。
ただこれはすそ幅細く直しを入れて、丈も短くしてる。
くるぶしが見える丈って、俺の中では潔い長さなんだ。
靴の全景も見えるし、軽やか。

軽さとか潔さってのはひとつのテーマかもしれないな。
いやそうでもないな。


靴はnike。キムジョーンズのやつ。

NikeLab-x-Kim-Jones-Air-Zoom-LWP-White-x-White-4.jpg

これは去年のベストバイのひとつね。
ホワイト×ゴールドの組み合わせが好きですよ。

バッグはguidi。

ついのかばん-06

2015年の購入ですが、これはあがりのカバンだという確信がある。
黒レザーのショルダーはこれ以外目に入らないから他のが欲しいという気持ちが全く起こらない。
あそういえばbagjackのトート/ショルダーを先日買ったので後日レビューします。

ポエル着てるときにこのバッグを持つと動物愛護団体の要人に連れてかれて俺の皮膚剥がされて鞣されて、けっ!こんな低級な素材使えねえよ!ってdisられるんじゃないかと思うレベルで革革しくなるんだけど、かわかわしいってのはふんだんに革を身につけているさまを表す言葉で、俺が今考えた。

この深夜のおかしなテンションの文章を投げっぱなしで終わるよじゃあな。
(このあと途端に正気に戻ってしっかりアフィリエイトはくっつける)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KURO デニム Fibro Modern フィブロ モダン スキニー One Wash Indigo
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/3/7時点)

ランダム装ったステッチは好き嫌いありそう。
俺は嫌いだからmodernを選ぶ。




マジか60%オフしてる。本物かな?




かっこいい。マジ欲しい。サイズ的に入らない。ゴリラだから。



関連記事
[ 2017/03/07 01:45 ] Today's style | TB(-) | CM(-)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。