Today's Style-210-

IMG_8096.jpg IMG_1002.jpg
Outer:Moncler
Denim:Left→Workers Right→AG
Sneaker:Left→Nike(suede) Right→Nike(smooth leather)
Stole:Smoothday
Back pack:Arc'teryx Veilance

嫁さんからのクリスマスプレゼント。
不意打ちでしかもお揃い。
このMonclerを着たペアの美女と野獣がいたら、我ら夫婦かも。
うちはわりと同じものを着て出掛けたりする夫婦なので。

先シーズン嫁さんに買ってあげてて、俺は自分では買わないけど、その時はもう絶対Monclerにしとけって言って。
Moncler買っときゃ、のちのち他のダウン欲しいとはならないからって。
ファッションで身につける限り、ここが頂点。
もっと高級なメゾン系のダウンもいっぱいあるけど、ベクトルが違う。

ただ日本での価格はちょっと強気すぎる。
海外での販売価格ならそんなに言うほどおかしな値段ではない。
原価率が30%程度って記事も何処かで見たけど、洋服だって靴だって原価なんか考え出したら買えない買えない。
特に女性においては、強い思いがなければ他のメーカは結局Monclerの下位互換としか思えないんだよね。
何十万も価格差があるならいざ知らず、数万しか差がないし。
ま、いずれにせよ、俺はMonclerの名前とワッペンにその数万を上乗せした。

服の機能と耐久性だけで語るなら、ユニクロのシームレスダウンで十分に役割は果たせる。
Duvetica、Herno、Peuterey、タトラス、水沢ダウン、ナンガ、North Face、Patagonia、Arc'teryx、Veilanceどれでもなんの問題もないんだ。

要はどこにプライオリティを置くか、だよ。
機能を優先する。OK。
コストパフォーマンスを重視する。問題ない。
ブランド名にお金を払う。どこも悪くない。

俺は嫁さんにダウンを買うにあたり、ワッペンと名前に金を出した。
それだけだ。

いろんなことを全部すっ飛ばして、これさえ着ときゃいいだろ、って盲目的に着るのがMonclerだと思うよ俺は。
はっきり言って、ファッションジャンキーは今のMonclerなんて着ない/選ばないよね。
自分ではMoncler買えないし選ばない。
でも、貰ったら喜んで着る。
嫁さんとお揃いで着られるのが純粋に嬉しいし、その大義名分で言い訳しながら着られるし。

だからそういうものを「こっち」側に寄せて着る方法論みたいなのに、今は興味がある。
けどそんなのも極個人的な興味で、他人にとっちゃどうだっていいんだよ。
「Monclerかよ、ハッ、ダッセーなww」って思われるのがスタート地点みたいなもんだから、ここの服は。
そんな悲喜交々を織り込んで着るんだよ。


靴は去年のベストバイ(未発表)、Air Moc。
明らかに90年代のACGの頃より洗練されてる。
スエードは自転車通勤がメイン。
表革のは普通に履きまくってる。
ただ、表革のはインナーがボアになってるから、秋冬しか履けないのが玉に瑕。

ジーンズの色の違いや靴の素材の違いで、見た目はこんな感じに変わる(変わらない)というケースサンプルとして。

こういうのが素人のスナップの存在意義だと思ってブログやってる。
自分は10代の頃、街ゆく人とか雑誌のとか、こういう微細な差異を延々見続けて自分の中でコーディネイト組み立てて熟成させるタイプだった。
今はインスタとかwear、スナップ中心の雑誌なんかが豊富にあるからあまり労せずサンプル集められるね。
スタイリングはもうある程度自分の中で固まってるから、今はほとんど見ないけど。

だから、たとえば今回の俺の着姿を見て、「ああ、黒のダウンには濃色のデニムは(俺的には)なしだな」とか「冬に薄い色のデニムに真っ黒なダウンもありなんだな」とかそういう風に見てもらえれば、これより嬉しいことはない。


次回は今更だけど、2016年のベストバイでも。
買ったものが少ないからBest10にはできなそう。
多分10個も買ってないから。


これ嫁さんに被らせてえ




女子のMonclerは無条件でかわええ




名作やで

関連記事
[ 2017/01/09 00:10 ] Today's style | TB(-) | CM(-)