スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

alden オールデン chukka boot チャッカブーツ cigar

DSC01410.jpg

Alden Cordovan Chukka Boot

色:cigar
サイズ:8D
ラスト:Barrie last
品番:13132

これは2009年の12月にサンフランシスコのThe Alden Shopから個人輸入しました。

ほんとはカーメルで買いたかったんですが、カーメルにはCigarのチャッカブーツがラインナップになかったためこちらのショップにしました。

でもこちらのショップは海外への発送が135ドルとなかなかに高いため、カーメルに比べるとお得感は薄いです。

今考えるとノットさんに在庫確認してみればよかったなー、と思います。

7年位履いているCordovan Norwegian Front Blucher Oxford(そのうち記事upします)を持っているので、その履き心地を踏まえ、さらにカーメルのフィッティングを参考にしてサイズを選びました。

セレクトショップとかで試し履きだけするのも気が引けて、その情報のみで決定。
ちょっとウィズがきつめですが、コルクが沈めばジャストになるんじゃないだろうか。

でもさすがに何にでも履けます。
ジーンズ、チノ、ウールなんでもこい。

靴は大好きですが、貴重品のように丁寧に扱うのが嫌いなため(だって絶対履いてたら傷つくもん)、普通に履いてます。

雑誌とか他の方のブログとかでペンでしわ入れしたりとか、(わずかな)傷がついてショック・・・とか見ますが、みんな結構気遣って履いてるんですね。

素朴な疑問ですが、ペンとかで入れたしわって自然な履き皺とぶつかって余計変になんないんですかね?
まあ、そんなとこ誰も見てないと思いますが(自戒の念を込めて)。

どうやって履いたって個々人の自由だと思いますし、そもそも自己満足の世界ですから、とやかくいうつもりはありませんが、僕はしない。
ナチュラルじゃないから。

笑われるかもしれませんが、理想とする自分のあり方のひとつが「自然である」ことです。
もちろん「僕にとっての自然」であって、それが他人にとっての不自然と競合することがあっても、それは全く問題にはならない。

他人を容易く非難することも僕にとっては自然とは言いがたい。
それでも時としてひとは他人を非難してしまう。

ひとはある場合には全く正反対の感情や理論をその一個体に内包することがある矛盾した生き物だ。
それゆえ高尚だ、ということも出来る。

つまり、何が言いたいかっていうと時々理論が破綻しても僕を許してネってことです。


DSC01411.jpg
↑内側

DSC01412.jpg
↑外側

DSC01413.jpg
↑後ろ

画像をupしてて気づいたんですが、cigarってカブトムシの幼虫に似てますね。
でもこの色のむらの感じとか、いい感じにエイジングしていきそうです。



出た、エイジング
わざと書いてみたんですけど、
なんでしょう?この言葉を聞いたときのくすぐったい感じ。
賛成してくれる人もいくらかいるんじゃないかと思う。

ジーンズの色落ちとか、使い込んだ道具だけが有するオーラみたいなものがあるのはわかります。
でも、諸手を上げてエイジングばんざーいとはいえない何かが僕にはある。
正直言えば好きなんだと思いますよ、僕も、エイジング。
でも・・・・。

なんでまた男って「エイジング」とか「一生もの」とか好きなんでしょうね?
時とともに自分だけの唯一無二の物になっていくから?
自分だけのしるしのようなものが刻まれていくから?
思い出も付随してくるから?

たぶんどれも正解でしょう。


でも、出来ればなんかこう、それは目的でなく結果であって欲しい、と個人的には思います。
普通に気に入ったモノを、気付いたら長いこと使ってていい顔つきになってきたじゃねえか的に生きていきたい。
そう考えてる時点で十分作為的でナチュラルじゃない気がするけど。


確かにオールデンって実際所有してみると「一生もの」になり得るポテンシャルを持ってるな、と思います。
耐久性は、よくわかりません。長いものでもまだ8年くらいしか経ってないし。
僕の感じるポテンシャルは「まあ、そんなに精巧なものでもないけど、そんなに飽きもこないだろうな」という点においてです。

たぶん1万円台の靴だって、オールデンを扱うように(かくいう自分もスニーカーよりは丁寧に扱っている)手入れをして、2日連続履かないでローテーションさせて、なんて履き方をしていれば、かなりの年月持つような気がします。実際父親の1万円台のリーガルはよく手入れされていて20年経った今も現役だし。

結局、耐久性の問題よりもそのプロダクトに対してどのくらい長い時間愛着をもっていられるか、という点が大事なんじゃないだろうか?というのが僕の「一生もの」に対する考えです。

そういう点においては僕のいちばんの一生ものはオールデンです。

これ以上の一生ものはありませんよ!!
(だからこれから内緒でジョンロブとか買っても許してね♡)














←本気で欲しい
ライニングなしのタイプなのでかなりしなやかなはず。

関連記事
[ 2011/02/02 23:00 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/7-592e7088







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。