スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Today's style-196-

ts196-1.jpg ts196-2.jpg
Outer:Arc'teryx Veilance
Inner:Smoothday
Pants:Lamond
Shoes:Guidi

[意図]
新年一発目のスタイリングですが中に着ているSmoothdayのワンボタンジャケットが白と水色とグレーのそれぞれ中間みたいな絶妙な色で今までデニムとかに適当に着てたけどこういう淡いトップスは何色のパンツがしっくりくるのか実験みたいなもんです。

カットソーと靴を黒で締めればなんとかなるかなと思って。
個人的にはまあまあまずまずです。


[なるべく視線を分断しない]
スタイルをよく見せるためのコツは重力方向つまり縦のラインの流れを分断しないことだと思っています。

実例として下に2枚の画像を。

ts196-3.jpg ts196-1.jpg

左の画像ではジップを完全に締めていますが、腰のところで水平線がしっかり形成されてしまうので縦の流れが分断されてしまいます。
右の画像のように開けて着ると、左右の前縦のラインがそのまま脚のラインにつながるので視線が途切れません。

特にこの手のショートな着丈のものには効果があると思います。
冬でこんなにがばちょと前を開けられないときには、できれば逆開ジップのものを選んで下を少しだけ開けてやると視線の流れを戻せます。
腰下の丈のコートがスタイル良く見えるのは上半身を隠してくれることに加え、縦のラインが強調されるからです。

同様に手を突っ込む場所をジャケットのポケットとパンツのポケットで比べてみます。

ts196-5.jpg ts196-4.jpg

どうでしょうか。
着るものももちろん立ち振る舞い、所作でも少し見え方に差が出るかもしれません。
出ないかもしれません。
なんとなくやってみただけです。

ts196-6.jpg

最後にブーツインしてみましたが、完全アウトです。
鬼瓦権造です。

脳内で鍬や鋤などを担がせてみましょう。
しっくりきすぎます。
なしです。


[各論]

ts196-7.jpg

ここでririとかにいかずYKKのビスロンを使うあたり本気だと思います。
やっぱり滑りの良さや軽さを考えるとこのジッパーになると思います。

ts196-8.jpg

smoothdayのカーディガンのようなジャケットはlunar surfaceという以前に販売されていたものです。

ts196-9.jpg

月面のクレーターのようなテクスチャーをもつコズモラマのダブルフェイス。
ちゃんと力ボタンも付いていて、とても丁寧に作られています。

インナーはディオラマフライスの丸胴。
最高です。

ts196-10.jpg

ダブルソールの788Z。
Zはハンドダイを表します。
タンブラーダイはTです。

ts196-11.jpg

guidiのジップブーツを手に入れたら、まずはジッパーにロウソクのロウを塗りましょう。
明らかに滑りが良くなり、たぶん故障が少なくなります。

では。


33時間ろうそく(蝋燭/ローソク/ロウソク)

33時間ろうそく(蝋燭/ローソク/ロウソク)
価格:648円(税込、送料別)










煩悩が消えそうです。













煩悩まみれです。












about a shirtというブログで紹介されてました。
けっこう欲しいです。



関連記事
[ 2016/01/08 00:00 ] Today's style | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/699-c906a6ed







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。