GUIDI / OX02C

guidi OX02C-4
guidi / OX02C

[久々のヒット!]
Black Fridayの恩恵を受けて関税支払い含めても国内流通価格の半額以下で買えました。

嫁さんがレペットの靴を長年履いていて、あのバレエシューズ感をどうにか男っぽく持ち込めないもんかと思ってたら昨年の秋冬のguidiにこれがあって、でも14.5万円もの値段はさすがに出せず、本当に運良く海外ショップで拾えました。

嫁さんのスタイリングや持ち物から自分の買い物やコーディネートの発想することって実はけっこう多い。

guidi OX02C-1

実はもう一足買った。

guidi OX02C-2

例によってサフィールノワールのデリケートクリームで左足だけ磨いた画像載せましたが、guidiの革、これBaby Calfですけどかなり光ります。

guidi OX02C-3

もう一枚。
前も書いたけど、透明感と艶の下にシボがあってとてもニュアンスのある革。
確かに高すぎるけど、ほんとにいい革なんじゃないのかなぁ。
そもそも良し悪しを見分ける眼なんか持ち合わせてないから好き嫌いで語るしかないんだけども相当好きですよこれは。

Guidiの靴にしてはpointed toeなのでいつもの43から44へ上げた。
捨て寸はいつもより多めだけどwidthがばっちりはまったので快適。
革の伸びが出たらインソール入れる。

guidi OX02C-4

サイドビューの美しさに息を呑む。












これ読んでみよう。














今年読むテーマの本を消化しきれてないので来年の課題本に設定するか。











この辺も興味ある。



関連記事
[ 2015/12/06 04:02 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/691-b9e4e1b9