泥だらけのRW

RWcare-06.jpg
酷使されたRWを労わる

[過酷な実働環境]
ワークブーツとしての本懐といいますか、雨の日泥の日雑草生い茂る中を歩く日子供達に踏まれる日などおよそ安寧な日々とは程遠い状態で履いているRed Wing 9874。

あまりにもズタボロだったので、きれいにしてオイルを入れました。

RWcare-01.jpg
ソールをきれいにして、馬毛のブラシで埃や土をきれいにしたあと
そしてコロンブスのツーフェイスローションで表面の汚れ、前回のクリームの残りをきれいにします。
RWcare-02.jpg

けっこう汚れ取れる。

RWcare-03.jpg

右足がツーフェイスローション後。
明らかに艶が無くなった。

RWcare-04.jpg

そしてマスタングペーストを指で薄く塗布。

RWcare-05.jpg

そして同じ工程で左足も仕上げる。

RWcare-06.jpg

このクロンダイクというレザーはあまりマスタングペーストの浸透がよくないので、一晩寝かせて、明日布で乾拭きして終了します。

きれいになったのも束の間、すぐにまた雨の中使われるんだけどな。











いつの間にか知らない品番が出てる・・・。






そもそもそんなに詳しくもないしチェックもマメにしてないから。














今はこれをメインのクリーナーにしています。



関連記事
[ 2015/11/28 01:46 ] 靴についての雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/689-7b317235