スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Guidiを磨くのはいけないことだろうか

guidi shine-04
なんとなくコツがつかめたかも

[かなり優しく]
Guidiの靴の手入れを真剣にしているひとって少数なんじゃないかと思う。

靴として成型した後にタンブラーダイでぶん回したりしてるから、そもそも綺麗に履くことを推奨された靴じゃない。

その推奨は推奨として、僕としては逆説的に綺麗にはきたい。
どうしたって汚れていくし古びていくんだし、自分の側に引き寄せて履こうがそれは自由だろう。
それでこの靴の魅力や価値が落ちるとも思わない。
ドレスシューズみたいにぴかぴかになるわけじゃないんだし。

というわけで、靴紐を外してホースブラシで埃を落とした後、コットンにBoot Blackのレザーローション少量でアッパー全体を拭き、汚れを落とす。

そしたら完全に艶が失われ、若干焦る。

guidi shine-02

マットを通り越してしまった。

ちょっと冷や汗をかきつつ、サフィールのノワールスペシャルナッパデリケートクリームを指で全体に塗布する。
浸透を待って、ブラッシング。

・・・・・あまり艶が戻らない。
つま先なんかは薄くくもりの膜が張ったような感じ。

ネルで磨きこんでみるもいまいち。
詰んだかこれ。
何がダメなのかわからず途方にくれながら、ごく弱く撫で続けてたらなぜか最初よりも透明感のある艶が出た。
明らかにbeforeよりafterの仕上がりがいい。

もしかしてデリケートクリームの量も多かったのかもと指じゃなくブラシの先端にとって塗布してネルで優しく撫で続けたら圧倒的に早く綺麗になった。

guidi shine-01 guidi shine-03


左がケア前、右がケア後。
水分、油分が入りしなやかさが増し、地のマテリアルのシボを透見できる美しい艶が付与された。

guidiは補色せずに色が抜けていくのを期待している。

美しく朽ちていけ。












コロンブスは信頼しています。











色を入れたくない時はすべからくこれで。




関連記事
[ 2015/11/19 02:25 ] 靴についての雑記 | TB(0) | CM(2)

こんにちは

いつも楽しみに拝見しています。
guidiのシューズ、経年変化する分にはいいですけど経年劣化してしまってはよくないですので、私もお手入れは必要だと思ってます。
また変化をアップしてくださいね。

ところで、guidiのバッグ、私も同じものを所有していますが、重くないですか?
バッグそのものの雰囲気などは素晴らしいのですが、日常使いには重くて結局余り使ってないのです。苦笑
[ 2015/11/19 11:36 ] [ 編集 ]

梓さん

僕もこのまま何もしなければ劣化すると思ったので通常よりもちょっと控え目ですがケアすることを決めてやってます。

M10重いですよね。
でもマルジェラのボストンがこれに輪をかけて重いので、感覚が麻痺してるのか、わりと日常的に使ってます!
[ 2015/11/19 21:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/686-999d7e8c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。