スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

洋服を手入れするブラシを手入れする

ブラシの手入れ-02
ペット用金クシ


 [ブラシも手入れが必要なんだぜ・・・]
平野のブラシを買った時、一緒にブラシのメンテナンス用の金クシも購入しました。

これは特に平野で作ってるものではなくて、ペット用品なんだそうです。

なんでペット用?と思ったけど、よく考えてみれば馬毛なので合理的といえば合理的。
馬がペットかどうかはまた別の問題だけど。

ブラシの毛の中にほこりが入り込んだり毛並みが乱れたりするのを防ぐことで、長く使えるそうです。

そんなもんかなーと思って半分お試し、みたいな感覚で買って「あ、そうだ無印のブラシって買ってから数年間何にもしてないからちょうどいいや」と、今回のネタにしてみました。

まあ、そしたらなかなか鮮やかな結果になりましたぜ。


[やってみたよ]
被検体は、平野のブラシを買って以来非常に虐げられてる感に溢れている無印良品の豚毛ブラシ。

いちいち無印良品の豚毛ブラシなんて呼ぶのもまどろっこしいのでピギーとでも呼びましょう。

さあ!みんなでー!!
ピーギ(ry


さて数年間放置されていたピギーですが、

ブラシの手入れ-01

確かに毛先と根元に細かな繊維くずがあります。

これに金クシをかけてやります。

ブラシの手入れ-03

花は水をやるときに優しい声がけをすることで、成長度が違うといいます。

クラシックを聴かせたお酒は美味しくなるそうです。

よって洋服ブラシにも同様のことが成り立ちます。

僕はピギーとのこれまでの思い出を存分に語り合いました。


・・・・なあピギー、覚えてるか?
お前がうちに来たときのこと。
お前は無印良品仙台S-PAL店の一角で寂しそうにたたずんでたんだ。
そしたらお前と目が合った。
そして俺は目が離せなくなった。
澄んでいて、だけどどこか物憂げな目をしていたっけ。
それから俺とお前はい飽きた


わしゃりもしゃりと丁寧に金クシを通していくと・・・・・、

ブラシの手入れ-04

おおおお・・・・見ろ!糸くずがゴミのようだ!!!(ゴミです)

ブラシの手入れ-05

素晴らしい!
古文書にあった通りだ!
この金クシこそ聖なる金クシだ!
スノラエッダの詩語法ではダーインスレイヴとも伝えているがね。


いつムスカさんのターンになったのかさっぱりわかりませんし北欧神話を持ち出す必然性も全くないのですが、なかなかに素晴らしい仕上がりじゃないスか!

こんなにほこりが溜まっていたんですね!

確かにこれはメンテナンスしたほうがいいのかも、と思わせる結果となりました。

ピギーの毛が黒だったのも結果を劇的に演出しましたね!!

これで金クシの売り上げが倍増すること間違いありません。
感謝のあまり金クシ1年分を平野ブラシさんが送ってきやしないかとびくびくする毎日がエブリデイ。




















1年分って何本くらいだろう?























世の中っていろんなものが売ってるんですねえ・・・・。




















どうしたらいいか教えろください。



関連記事
[ 2015/04/28 00:00 ] メンテナンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/633-bc8b969c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。