平野のブラシ -手植え水雷型 洋服ブラシ-

平野-000
平野のブラシの出店販売に行ってきたよ!

[ようやく買えた]
何年も無印良品の豚毛ブラシ(1575円)を使っていましたが、そのうちちゃんとした洋服ブラシを買おう買おうと思いつつ、なかなか重い腰が上がっていませんでした。

洋服ブラシと言えば、江戸屋、イシカワ、平野ブラシ、KENTなどなどが挙げられるかと思いますが、一番使いやすそうな形の平野の水雷型に決めました。

そして1年くらい前、重い腰を上げたはよかったのですが、公式サイトも公式楽天サイトも軒並み売り切れ。
こまめに調べていたのですが、タイミングが合わず、在庫がある状態をweb上でお目にかかったことはありませんでした(で、今見たら在庫ある・・・・4月2日時点)。

決して安いものじゃないし、これは実際に見て買えとそう信じるものしか救わないせこい神様が言っているんじゃないかと判断した僕は、公式サイトの出店販売スケジュールを見て、仙台三越に来た時に行ってみた訳です。

で、冒頭の画像が出店している様子。

実はこれ僕の2回目の訪問です。
1度目は5日間の開催の5日目に行ったのですが、そのとき、水雷型は3日目に売り切れてしまったと告げられました。
それどころか手植え羽子板型すらもなく、ネットショップで常に在庫がないのも納得の品薄具合でした。

2回目は同じ轍は踏まぬぞと勇ましく初日開店とともに突撃。
そしたら当たり前だけど、一番目の客になったよ!!

平野-001

いろいろなことを教えてもらいながら、結局手植え水雷型ブラシの他に、嫁さんに灰リスのチークブラシ(←これまじすごい)、自分に猪毛のヘアブラシ、馬毛の靴ブラシ、歯ブラシと、なんだか一生分のブラシを購入して帰途につきました。

やっぱりきちんとした商品(に限らないんだろうけど)は対面で買った方がいいなと、最近強く思います。
ブラシの掛け方からブラシ自体のケアの仕方、材料、製法など聞いていて面白いことばかりでした。

というわけで、画像をどうぞ。

平野-03

銀色の化粧箱に入っています。
いちまんはっせんえん・・・・っっ!!
高いよなぁ、と思いましたが、使ったら無印のブラシと違いすぎて、値段分はあるなこれ、に評価が変わりました。
使ったレビューは、もう少し使い込んでからしますね。

平野-04

まあ、これがなかなか大きいんですわ。
どのくらい大きいかiPhone5と一緒に並べてみましょう。

平野-05

大きいですね。

でもこの大きさと、ぐわし!とつかめる形状。
この2つでささっと手早くブラッシングが可能になる訳です。

平野-21

お店ではブラシが下にして展示されてました。
しなやかなのにコシがある馬毛です。

平野-15

反対にするとこう。

平野-20

毛足の長さは55mmだそうです。
公式サイトに書いてあった。

平野-19

ファサファサ。

平野-18

平野-16

手で毛を植えて、最後にフタをして化粧釘を打つ。
ただ、木はヤスリのみのが素仕上げなので自分でニス塗りたい衝動に駆られてる。

平野-23

横から。
毛の密集具合がよくわかります。

美しい。

平野-24

平野-25

そして最後に・・・・、

平野-01

飴ちゃんもらった。




















在庫切れのことが多いですが、こまめにチェックすると出会えるかもしれません。























楽天で売り切れでも公式サイトの方にあったりすることもあります。























はじめの1本にいいかもしれません。



関連記事
[ 2015/04/16 00:00 ] メンテナンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/629-2cacbf4a