スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Puma MMQ XT2

mmq-1.jpg
PUMA MMQ XT2

[初PUMA]
35年間生きてきて初めてプーマのもの買った。

mmq-13.jpg

サッカーにも縁がなかったし、90年代のスニーカーブームのときもジャックパーセルとスーパースターしか履いてなかったから、pumaのスニーカーは履いたことがない。

だけど折からのベージュブーム(俺の中での)でベージュのスニーカーを探していたら出会ってしまった。

mmq-2.jpg

プーマの中でも「MMQ」というラインらしい。

公式サイトから一部改変して引用する。

2013年に登場した高品質のプロダクトラインPUMA MMQ。”MMQ”とは「MACHT’S MIT QUALITAT」の略。ドイツ語で”品質のプーマ”という意味を持っています。この「MACHT’S MIT QUALITAT」という言葉は、数十年前よりプーマの標語として使用されています。プーマMMQは、時代を経て受け継がれる妥協のない品質の追求の精神を新たにするとともに、実用性とパフォーマンス性能、そしてストリートスタイルのエッセンスを兼ね備えたコレクションに仕上がっています。


確かにこれまで見たことのあるpumaとは一線を画するというか、作り込まれてるしデザインも洗練されているように見えた。

mmq-3.jpg

スムースレザー、スウェード、パンチングレザー、樹脂素材が高いレベルでまとめあげられている。

mmq-4.jpg

mmq-10.jpg

mmq-9.jpg

正直に言って、街中が全雑誌がニューバランス推しの一手で、そこからさらに一歩進んだファッショニスタたち()は青い田んぼを買おうとしてNikeやVansに手を伸ばしているので、そこからさらに一歩進んでやろうと思ってpumaを選んだところもなくはない。

なくはないが、その行動に意味などないことは十分分かっている。

90年代日本中を熱狂させたスニーカーブームを通り過ぎてきた世代からすればそのどれもがすでに定番中の定番で、目新しいものなど何ひとつとしてない。

結局のところすべては用意されたカードなのだ。

ここに創造性と呼びうるものはなく「オリジナリティあるセレクト」をしたつもりになっているだけ。

着ているもの、身に着けているもの、髪型、化粧。

そんな形而下学的因子の組み合わせでパーソリティを誇示するなんて時代錯誤も甚だしい。

人と違うものを選ぼうが同じものを選ぼうが、そこには大した差異も意義もない。

その個人的世界観を踏まえた上で、今回はプーマ。

mmq-8.jpg

「Trinomic トライノミック」は1989年に発表された「カカトの衝撃吸収性、反発性、障害防止」という3つの機能を網羅したオリジナルクッショニングシステムのことだそうです。

mmq-5.jpg

踵にも透明な樹脂パーツが重ねられていて、それをグッドデザインととるか、若干ガンダムちっく・中二病的ととるかは微妙な感ある。

mmq-12.jpg

mmq-11.jpg

黒と黄色のコントラストはなかなか美しい。

mmq-6.jpg

すでにいっぱい履いております。

mmq-7.jpg















ベージュ熱。



















ディスクブレイズももしかしたらありかなぁ。
















レオパードのビーストとか懐かしいですね。



関連記事
[ 2015/02/19 00:00 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/605-eba53679







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。