スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Le Bonheur / ルボナー ラウンドファスナー財布 3年経過するとこうなる

ルボ変化-6
2011年購入

[シュランケンカーフのdurability]
この財布を使い始めてから3年と3ヶ月が経ちました。

経年変化に乏しいと言われるシュランケンカーフ。
さすがに新品同様とは言えません。
しかし今、久しぶりに購入当時の画像を見たらむしろ新品の時を凌駕するようなふくよかさ、豊かさが出ていると思いました。
DSC02866.jpg

ルボ変化-1
現在の様子

シボがいい意味でわずかに潰れてきている。
時を経たシュランケンカーフのみが持ちうるであろう柔らかさ。

ルボ変化-4

さすがに角はやや丸くなり、エクセラジッパーのテープ部分に毛羽立ちはでてきたし、

ルボ変化-2

小銭入れの内部には硬貨の汚れがついたけど。

ルボ変化-3

それでも内部の革には劣化は感じられない。

どの部分においても、まっったくのノーメンテです。

考えてみればこの3年間、財布について考えたことがなかった。
それほどまでにこの財布は「あって当たり前」になっていて、他の財布に買い替えようなんていまこの文章を書くまで露とも思ったことがなかった。

同じ革を使っていることもあるけどこの財布を超えるものがあるとすればそれはHermesかなと個人的には思う。

あえて不満なところを挙げるとすれば、小銭入れの革が柔らかすぎるのでもう少し張りのある自立するくらいの革になればいいなというのと、小銭入れのジッパーに小さくてもいいからシュランケンカーフの引き手を付けて欲しいこと。

ルボ変化-5

まだまだ使い続けていく。














「ルボナー」で検索したら出てきたシリーズ。
ア「ルボナー」ス。
インフルエンザの季節だしね♡


















カ「ルボナー」ラ。



関連記事
[ 2014/12/16 00:00 ] アクセサリー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/571-b56c5139







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。