スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生まれて初めてローファーを買ったよ!

alden loafer 0
alden loafer

[やっと靴好きの端くれになれたかも]
靴が好きなくせに今の今までローファーを履いたことがなかった。

理由はいくつかあるんだけど、単純に好きなデザインのものに巡り会っていなかったのが大きい。

ネット上では「これいいな」と思うものがあっても、さすがに履いたことのないしかもフィッティングの難しいローファーをオンラインショッピングするのは無謀以外の何者でもない。

具体的にはロングノーズすぎず、ショートノーズすぎず、フルストラップでなく、ビーフロールでなく、ハードなモカ縫いでなく、というだいぶ引き算的というか消去法的にデザインの好みが限定されていた。

そして決定的な事項として、モカ縫いがエッジに近くないこと。
これだけは絶対に譲れない。

だからどんなに世間的に評価が高くても、ウェストンの180には手が伸びなかったし、これからも手にすることは多分ない。

具体的な例を示すと、
weston180.png sydney.png
左はwestonの180、右はcrockett & Jonesのsydney


クロケットのSydneyはかなり理想に近かったので、ユナイテッドアローズにあったスエードのモデルを以前試着したんだけどE widthにも関わらず、この341ラストがどうにも細すぎて足に合わず、かつ個人的ローファー観からするとロングノーズ過ぎた。

Edward GreenのPiccadillyも候補にあったけど繊細できれいすぎるのと、これも184ラストがちょっと合わなくて断念。

もう2〜3年はことあるごとに気に入るローファーはないものかと邂逅を心待ちにしていて、ようやく先日入手しました。
で、オールデン。
またかよ。

[Leydon last、Lady Calf]

alden loafer 1

ようやく来た!と思いました。
見て履いて即決。
こういうのは縁だから、逃すと後悔するのは経験上わかっているので。

グレインレザーだったら言うことなしだったんだけど。

ロングすぎずショートすぎず。
モカ縫いの位置、ステッチの太さ、間隔。

alden loafer 2

レイドンラストは初めて履きました。
ちょうど良い長さのノーズ。
これがヴァンラストだとショートで野暮ったいし、大体がモカ縫いがもうすこし外側まで迫ってくるからアウト。
そうじゃないものもあるんだろうけど、生で見たことはない。

サイズは8と8.5を試着して8.5で。
widthはDでした。

この辺が靴の難しいところで、バリーだと8Eが好きで、モディファイドだと8.5Dがいいです。
けどこの間買った9901はバリーの8.5Dで、これまたちょっと違ったいいフィッティングでした。

個体差も少しはあるし、長時間履いた状態でのフィッティングもまた別物なので、一概にこれとは言えないなというのが最近の実感です。

余談ですが、最近何足か靴を新調していて、その際に何足か処分しました。
収納の問題ももちろんあるんですが、これまで問題なく履けていた靴群で軒並み小指にあたりの痛みが出るという現象に見舞われたからです。

体重はむしろ減っていて、足が大きくなることはないはずなのに、いろんな靴で同様の事象が見られたのでどうしてだろうと疑問に思っていました。

「小指が当たるようになった=単純に足が広くなった」と仮定して、じゃあ足が広くなる原因は?と考えて、はたと思い当たりました。

抱っこです。

長男が今5歳4ヶ月、次男が2歳8ヶ月ですから、この5年の間のかなりの時間、10kg以上のちびたちを抱っこし続けてきましたしそれは現在も進行形。

10kg以上が足に負荷され続けた結果、多少広がってもおかしくないのかなと思ったのですが、同様の経験のある方いらっしゃらないでしょうか?

ということで、かなり入れ替えの行われたマイシュークロークですが、オールデンがかなり生き残っています。
自分の足には合うのだと思います。

エルメスが合わなくなっていないことを心から願っているのですが、怖くてまだ履いてません泣。

さて画像に戻ります。

alden loafer 3

バックもシンプルでいいですね。
360°のグッドイヤーウェルテッド。

alden loafer 4

履き口のロール幅とか、甲ストラップのデザインとか、やっぱり他メーカーよりも好きだなあと思う部分が多い。
個人的な好みの問題でしょうけど。

alden loafer 5

ライニングあり。
ブルックスのようなアンラインドも履いてみたいなと思いますが、このレディカーフはかなり柔らかく足馴染みがいい素材だと思います。

alden loafer 6

肌理が細かく柔らかなレディカーフの質感が画像で伝わればいいのですが。

alden loafer 7

アッパーのエッジの立ち上がり方が緩やかである、というのが僕の靴のデザインにおける重要事項のひとつで、だから、個人的には東欧系の靴にはいまひとつ食指が動きません。
バリントとかマテルナとかですね。あとはVASSか。
靴自体は嫌いじゃないんですけど、いざ自分が履くとなると選べない。
だからウェストンのローファーもダメなんだと思ってます。

alden loafer 8

Water-Lock Oiled flex sole ウォーターロックオイルドフレックスソール。
長。

alden loafer 9

ヒールのこの作りの甘さ。
笑。

alden loafer 10

alden loafer 11

ショートパンツや白パンツ、デニム、つーか何に合わせてもいいんだね。
やっとローファーを履くことが出来ます。

















タッセルは未だに苦手・・・・。



















スエードも履いてみたい。


















おお、フルストラップだしヴァンラストだけどこれなら履いてみたいかも!



関連記事
[ 2014/08/16 00:00 ] | TB(0) | CM(4)

小指の痛み

小指の痛みは、足の裏のアーチ(土踏まずや母指球からの横のアーチ)が下がることにより、足幅が広がって生じる場合が多いです。
原因は、加齢が一番多いと思います。
その他によくあるのは、常に擦れることによりタコになり、それが痛みを伴って常時腫れていたり、タコ(自体には痛みが無くても)が大きくなり過ぎてその下の神経に触って痛いので幅が広がったように感じる場合ですね。
[ 2014/08/16 10:02 ] [ 編集 ]

足の変形

どうもです。子育て真っ最中としては実感がありますね。
幅の広がりは若干ですが、足の変形はあるんじゃないかとおもってます。
赤い水性さんのおっしゃるように加齢によるものかもしれません。
原因はわからずとも、気に入って履いてた靴が合わなくなるのは切ないです。。。
[ 2014/08/16 12:44 ] [ 編集 ]

Re: 小指の痛み

赤い水性さん

加齢ですかねえ、やっぱり。
日常的によく歩くし、加齢性の変化が出てくるのはもう少し先かと思って、加齢は原因の一つとしてわかりつつも見て見ぬ振りをしていました笑。

ちなみにたこや魚の目といったものはありません。

あともう少し靴の入れ替えを行う予定です。
履けない靴を持っていても仕方ないですもんね。
[ 2014/08/17 17:08 ] [ 編集 ]

Re: 足の変形

たおるさん

そうです、気に入っていた靴がたてつづけに痛くなったもので、切なかったです。
でもそれらを売却して新しい靴を履けるので、ちょっとうれしかったりもしています。

こどもって重いですよね。
僕はわりとすぐにだっこしてあげちゃうので、腰もいためています。
[ 2014/08/17 17:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/520-744e9d00







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。