Alden / 9901

alden9901-1.jpg
ALDEN / 9901

ちょっと間が空いてしまいました。
久しぶりにオールデンの話題。
今さらながら9901を買いました、というお話。


[オールデンの良さ]
そんなの各媒体で語り尽くされていて食傷気味というかかえって手を出すのもためらわれるくらいなんだけど、それでもやっぱり好きです。
何が好きって、コードヴァンという素材ももちろん好きだけど、それよりも木型やデザインにあると個人的には思っているので、スエードやカーフのものも愛用しています。
エッジの立ち上がりの緩やかさとかステッチ幅とか羽の位置とか、ほかのメーカーよりもいいと感じるものが多いです。
単純に、あとは履きやすさ。
タイトフィッティングが好きじゃないので、バリーやモディファイドの木型は楽に履けてかつ長時間の歩行も快適です。

いつか買おうと思っていて先延ばしになっていた9901をそろそろ買っておいた方がいいかなと腰を上げました。


そのきっかけとなったのが、5月末にon line版のThe Wall Street Journalに掲載された記事。

http://online.wsj.com/articles/cordovan-shoes-for-men-play-even-harder-to-get-1400881239
以下斜体にて原文引用と拙訳を。

FOR METICULOUS MEN, there are few accessories as coveted—and expensive—as shoes made from shell cordovan leather, a material prized for its durability, shine and resistance to creasing.

Lately, however, those looking to buy a pair have required not only deep pockets, but also an enormous amount of patience. Even if you are willing to part with $2,000 for a pair of navy oxfords by English shoemaker Edward Green, you will have to wait six months or longer to possess a pair.

A global shortage of cordovan over the past couple of years has caused a backlog of orders. Worse yet, the crimped supply came as demand for the pricey shoes spiked thanks to renewed interest in haute-crafted men's shoes.

Shell cordovan leather comes from the muscle beneath the hide in a small area around the rump of a horse. The shell is a layer of very dense fibers that, after a lengthy tanning process, yields leather that is particularly shiny and durable. When cordovan shoes scuff, a simple rub will erase the scratch. But since its ancient discovery by the Moors in the Spanish city of Cordoba (the town from which its name is derived), the material has been far scarcer than cow leather. A single horse provides only enough cordovan for a single pair of shoes.

Adding to its cost is a long processing time. At Horween Leather in Chicago, a major supplier to brands like Alden and Allen Edmonds, cordovan takes six months to tan. To compare, its Chromexcel leather made from adult cows takes just 28 days to finish. Finished cordovan can cost up to 10 times more than high-quality steer leather.

The current shortage only piles onto that baseline scarcity, and its effects are being felt all over. At Leffot, a high-end men's shoe store in New York, many luxury brands only offer their cordovan shoes made-to-order. While the shop stocks several styles by American label Alden, which start at $750, a pair of black seamless oxfords by shoemaker Saint Crispin's, which will set you back $2,400, take 10 weeks to arrive.

The Armoury, a men's boutique in Hong Kong, was forced to cut the wide range of styles it once carried from Spanish shoemaker Carmina to focus on a few that it could actually physically have in stock. "[The rest] just took forever," said Alan See, the store's founder. And Colin Hall, the chief marketing officer at Allen Edmonds, cited delays of up to a month for a pair of black oxfords.


As for the cause of the shortage, the answer lies in the complex dynamics of the hide market. The cordovan supply is determined by the consumption of horse meat, explained Nick Horween, the company's 30-year-old vice president and the fifth generation in his family's business. A century ago, when horses were still common transportation and horse meat was widely eaten, hides were plentiful.


But today, with world-wide consumption of equine flesh declining, hides are limited. Mr. Horween estimated that the company processes just 15% of the horsehide it used to take in when his ancestors started the company in 1905.

The cordovan shortage hit hard in late 2012. Suddenly, the raw shells stopped arriving at Mr. Horween's tannery. He described the supply drop as a "cyclical interruption," though he declined to elaborate further, citing sensitive supplier relations.

In the clubby world of men's high fashion, there are rumors and theories. Some blame hide speculators who snapped up skins as the price of leather was about to rise. Others point to Chinese shoe manufacturers, saying they bought up entire horsehides—which include both the coveted small rear shell pieces and the cheaper and larger front pieces—in lieu of more expensive steer hide when prices for the latter spiked to historic highs in 2012. However, there is little proof of either.

Matthew Abbott, technical sales director at tannery Joseph Clayton & Sons Ltd., based in Chesterfield, England, said the supply of hides was also hurt by a horse-meat scandal last year in the U.K. "There was nothing wrong with the meat, just that it was misidentified," he said. "But I suppose people didn't want anything to do with horse for a while."

Nevertheless, there is a glimmer of hope for those seeking a pair of loafers or oxfords. Mr. Horween reported that the hide supply began to return to pre-drought levels at the end of the last year, which means cordovan supplies for shoemakers may soon be back to normal. His advice to covetous shoppers: Sit tight. More is coming soon. That doesn't quite mean that cordovan shoes will be plentiful, however. "It's still not as much as the market wants," said Mr. Horween.

細部にこだわる男たちにとって、シェルコードヴァンで作られた靴ほど(高価だが)羨望の対象となる装飾品はほとんどない。コードヴァンはその屈曲への耐性、光沢や保ちの良さが評価されている素材だ。

だが近年、コードヴァンの靴を買うには十分な資金だけでなく途方もない忍耐も必要となってきている。
Edward greenのネイビーのオックスフォードのためにたとえ2000ドルを支払ったとしても、6か月以上は待たなければならないだろう。


ここ2~3年の世界的なコードヴァン不足はバックオーダーに原因がある。
さらに悪いことには、靴高級紳士靴への人気の再興のおかげで供給が滞りが生じているのだ。


シェルコードヴァンは馬の臀部周囲にある小さなエリアの皮下にある筋肉でもたらされる。
シェルは非常に密な線維の層で、長期にわたる鞣し工程の後、特別な光沢と丈夫さを持った革となる。
コードヴァンの靴を擦っても、ただ磨くだけでその傷は消えてしまうだろう。
しかしそれは、その名前の由来となったスペインの小さな町コルドヴァの湿地で見つかった古えの産物ゆえ、牛革よりもはるかに希少となっている。
一頭の馬からは一足のシューズ分しか供給されないのだ。


その高コストは工程の長さゆえである。
オールデンやアレンエドモンズのようなブランドへの供給元の大手であるシカゴのHorween Leatherでは、コードヴァンは鞣すのに6か月を要する。
メスの成牛(カウレザー)からつくられるクロムエクセルレザーが28日で出来ることと比べてみればその長さが容易にわかる。コードヴァンは高品質の去勢牛の革(ステアレザー)に比べコストは10倍以上にもなりうる。

もともとの希少性は現在の不足に追い打ちをかけるのみで、その影響はいたるところで実感できる。
NYにある高級紳士靴店であるLeffotでは、たくさんの高級ブランドがコードヴァンシューズを注文生産のみとしている。Leffotはオールデンのいくつかのモデルを750ドルからストックしているが、サンクリスピンの黒のホールカットシューズは2400ドルもする上に完成までに10週間かかる。

香港のThe Armouryはスペインの靴メーカーであるCarmina カルミナからかつて持ち込んだ幅広いスタイルをカットせざるを得ず、実際に在庫をもつことが可能ないくつかのモデルに焦点を絞っている。
「(このカットは)ずっと続く」とオーナーのAlan Seeは言う。

Allen Edmonds アレンエドモンズのColin Hallは黒のオックスフォードの1か月以上の遅れに言及している。


この不足の原因について、その答えは原皮市場の複雑な力学にある。

コードヴァンの供給は馬肉の消費によって決定されている、とNick Horweenは説明する。
彼は30歳で5代目のvice presidentだ。
1世紀前には馬はまだ一般的な交通手段だったし、馬肉も広く食用とされていて、原皮は豊富にあった。

しかし今日、馬類の肉の消費は世界的に減少し、原皮の入手は限定的なものになっている。
Horween氏は彼の祖先が会社を興した1905年のわずか15%の原皮しか加工していないと推定する。

コードヴァンの不足は2012年後半に顕著となった。
突然、原皮がHorweenのタンナリーに届かなくなったのだ。
彼はこの供給ストップを”循環的妨害”と表現した。
彼は繊細な供給元の関係について言及しつつもさらなる詳細の説明は避けた。


メンズハイファッション界隈にはコードヴァン不足についてのうわさと言説がある。
ある者は価格が上がろうとしているレザーに飛びついた投機家を非難し、またある者は中国の靴工場が2012年に歴史的高値となったステアハイドの代わりに、希少なシェル部分とより安く面積の大きいフロント部分の両方を含め馬皮を買い占めたという言質を指摘した。
だが、どちらも証拠となるものはほどんどない。


イギリス、チェスターフィールドのタンナリーである Clayton & Sons クレイトンアンドサンズ社でtechnical sales directorを務めるMatthew Abbottは「馬の原皮の供給は昨年イギリスで起きた馬肉のスキャンダルによってもダメージを受けました」と言う。
「肉には何の問題もなく、それはただの誤解だったのです。しかし人々はしばらくのあいだ馬に関するあらゆることをしたくはないのだと私は考えています」

にもかかわらず、(コードヴァンの)ローファーやオックスフォードを探している人々にわずかな希望の光はある。
Horween氏は原皮の供給は2013年末の時点で、不足以前のレベルに戻り始めたと報告している。
つまりコードヴァンの靴メーカーへの供給はほどなく正常に服することを意味している。
コードヴァンの靴を待ち望む顧客への彼のアドヴァイスはこうだ。
「しっかり腰を据えてほしい。供給はすぐになされるだろう。しかしコードヴァンシューズがただちに豊富に、という意味ではない。市場が望むほどの豊富さはまだないんだ」



これを読んで、やっぱり買えるうちに買っておこうかなと思ったのでした。

昨今の各靴メーカーの価格改訂(値上げ)の様子もけっこう異常だしね。
僕はオールデンのコードヴァンは数年内に13万円前後まで上がると見ています。
TPPとの絡みでどうなるかは当然分からないけど、個人的な予想として。


[いまさら9901については語ることはない]
靴好きならばほとんどのひとが知っているようなモデルですから、改めて細部を語るのも野暮ったいし、画像だってどこにでもあるので、数枚を。

このモデルが唯一通常ラインと違っているところと言えば、ダブルレザーソールではなくて、フロントにaldenのネーム入りのハーフコマンドソールが貼ってあることですね。

では画像でお別れしましょう。

alden9901-2.jpg

alden9901-3.jpg

alden9901-4.jpg

alden9901-5.jpg

alden9901-6.jpg

















黒の品番は9901。


















バーガンディが990。



関連記事
[ 2014/08/14 03:42 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/519-3b546618