最良のフットカバーを探せ!

foor cover0
フットカバー百花繚乱

[理想のフットカバー/カバーソックスは!?]
需要があると信じてひっそりとソックスのレビューをお届けします。

いまやくるぶし丈くらいのパンツは定番になりましたしし、この季節だとショートパンツを穿く機会も増えます。

そうなると悩むのが靴下のチョイスで、パンツと靴の間にどんな色のソックスを持ってきてもなんとなくすっきりしない僕は、いつからか素足に見えるようなフットカバー/カバーソックス一択となりました。
冬ですらフットカバーのことも多いです。


以前、理想のフットカバーを見つけたと記事にしています→http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-235.html
tabioのフットカバー、何足か持っているし今もヘヴィに履いていますが、一足800円超の値段の高さと甲の開きのなさにちょっと不満を抱くようになりました。

というのも、デッキシューズなど履き口の広い靴の時などにソックスがはみ出て見えてしまうのです。

foor cover1
素足で履いているようにはとても見えない

これがちょっと個人的には嫌なので、甲が空いていてかつ脱げにくいカバーソックスを探し始めました。
で、いくつか購入してみましたので以下の項目を中心に評価しつつ、レビューしたいと思います。


[フットカバーにまつわるいくつかのこと]
今回理想のフットカバー探しでいろいろなフットカバーを履いてみて、分かったことがあります。
フットカバーはその構造上、履いていて快適か不快かを決める要素がいくつかあるんじゃないかと。

まずゴムや生地自体の収縮性を利用しているモデルが多く、つま先がやんわりとすぼめられてしまいます。
履いてすぐは大きな問題にはならないのですが、長時間履いてるとこれが蓄積して結構足を痛めつけ不快です。

フッカ評価1

そして、甲の開き具合。
これも各フットカバーかなり様々でした。

ローファーやデッキシューズの場合には甲が開いているフットカバーが適しています。
履き口から靴下がのぞかないから。

逆に普通の短靴の場合にはあまり甲が開いているフットカバーだと、タンと甲が密着するのでそれそのものが不快だったり汗をかいたりしてしまうため、或る程度足首まで生地がある方が望ましいと個人的には思います。

フッカ評価2改

同様に、可能な限りサイドの生地も足を覆う面積が大きい方が靴に直接肌が触れないため快適です。
脱げやすさにも関係してきます。

フッカ評価3

そしてかかとが低すぎると滑り止めのシリコン加工などが施されていても脱げやすくなりますし、やはりかかとが直にライニングに当たるため快適ではありません。

具体例を。

フッカ評価4改 フッカ評価5改

フッカ評価6改 フッカ評価7改

ということで、フットカバーについてあらかじめ知っておくといいことは、

①履く靴によって使い分けをすべき:「ローファー/デッキシューズタイプ」と「通常の短靴」の2種類分用意する
②サイドやかかとの生地がなるべく高い位置まで来ていると快適指数が上がる:脱げにくい、肌に直接触れない


じゃないかと思います。

それに加えて、値段、素材などをサブ項目として考える、とtkjは提案いたします。

さて今回エントリーする靴下は、グンゼ/スタッキズム、グンゼ/tuche、tabio、ciocca、無印良品、ユニクロです。
tabioが800円で高ぇよ!と思ったので今回は1000円以下で縛りました。
なので他にも試してみたいもの(例えばfalke、HALISON、OROBLU)などはあったのですが除外いたしました。

ではどうぞ。


[1.グンゼ / スタッキズム]
ABC-MARTで3足990円と言う破格で販売されているグンゼ製のソックス。
素材や色バリの豊富さは今回挙げたメーカーの中で群を抜いていましたし、価格も素晴らしい。
グンゼ製という点は信頼感アップとしていいでしょう。
欠点はABCマートにしかないということですね。
3足990円なので、微妙に異なる3モデルを買って試してみました。

まず1足目。
stackism1-0.jpg

タオル地で出来ているフットカバー。

stackism1-1.jpg

stackism1-2改

きれいでない足で申し訳ないのですが、履くとこんな感じです。
かかとのホールド感はまずまずだけど両サイドは少し浅すぎるかな。
甲の開き具合は若干浅めなので、ローファーやデッキジューズにはちょっと不向き。
生地はそこまで厚くないタオル地で、つま先の締め付けも強くはなく、なかなか良いです。


さて2足目。
stackism2.jpg

1足目とよりもだいぶ伸縮性のあるパイル地。
1足目より全体的な締め付けが弱く、個人的には結構好きです。

stackism1-3.jpg

1足目と並べるとこんなに大きさが違いますが、履くと2足目の方が足に優しい感じです。
つま先も若干広めに設定されてた。

3足目。

stackism3-0.jpg

stackism3-1.jpg

stackism3-2.jpg

stackism3-3.jpg

一番女子っぽいっていうかフットカバーっぽくて、いいかな、と思ったら、あんまり好きじゃなかった。
最も好きになれなかったのは縫い目が内側にあってゴロつくところ。
生地自体はさらさらでよかったんだけど。

1、2足目はリラックスフィットのオールデンなんかに、3足目はタイトフィッティングの靴に履くとよかったです。


[グンゼ / Tuche]
同じグンゼ製ですが、こちらはグンゼのオンラインなどで買えます。

tuche1.jpg

tuche2.jpg
安かったのとメランジっぽい色調のもあってもいいかなあと思って購入してみましたが、サイドの浅さやシリコンの滑り止めがついているにも関わらずかかとのホールドが悪く、ちょっと不満の残るソックスでした。

[Ciocca]

今回の中で最高価格、なんと900円!!
と思ったら、僕がオンラインで20%オフで買っただけで定価は1200円くらいでした。
あうあああ、最初の1000円以下縛りは初めからなかったんや・・・・・。

ciocca2.jpg

さらさらのメッシュ生地と、全体の安定感、ぬげにくさなど、かなり好感触の1足。
かかとに滑り止めがないにもかかわらず脱げませんでした。
おすすめ。
ただ甲はわりと空いてるので、ウェストンの180なんかに良さそう(ウエストン持ってないけどね!)。


[無印良品]
tkj大好き無印良品!

muji foot cover1

はっきりってこれはダメでした(笑)。
品質がダメなんじゃなくて、生地が足首にかかるところまで来ているので、ローファーはおろか普通の短靴でも靴下が見えてしまいました。
これは僕の中でニューバランス/ニックス4インチブーツ専用靴下に決定です。


[tabio]

以前にも記事にしていますが、tabio。
800円という値段と甲が浅いことを頭に入れておけば、やはり理想に近いフットカバー。
ちなみに冒頭あたりで凡例として革靴に履いていた甲の浅いフットカバーはこれです。

非ローファー/デッキシューズでは、これを履いておけば間違いありません。

tabio1.jpg

たとえばジャックパーセルに履くとこうなります。

tabio2.jpg

tabio3.jpg

あとはもう一声値段が安くなってくれれば、と思うけど日本製だし、これでいっか。


[ユニクロ]
これが今回の超ダークホースだった。
まさかユニクロのフットカバーがこんなに出来がいいなんて。

uniqlo1.jpg

価格は3足1000円(990円だったかな?)!
甲開きタイプ。
かかとには滑り止めのシリコン。

uniqlo foot cover2

東レとの共同開発素材。

uniqlo foot cover3

サイドが低いけど脱げにくく、履いたときもなかなか快適。

uniqlo foot cover4

uniqlo foot cover1

というわけでストック分も含めて大量買い。


[総評]
甲が開いているタイプはユニクロが、甲が開いていないタイプではやっぱりtabioがいいかなという結論です。

ただ、ものの良さはcioccaが一番良かったと感じました。
だいぶ前にfalkeを履いてましたけど、このcioccaの方が良いような気が・・・・。
でももし値段に比例するとすれば、やはり高価格モデルにはそれなりの理由があるのかもしれません。
機会があったら試してみたいと思います。















驚異のコストパフォーマンス!!
買ってみようかな。



















ごめんなさい、定価1200円くらいでした・・・。


















good socks!



関連記事
[ 2014/08/04 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)

画期的なレポごちです。

実用的なレポートで、ありがたいですな!

靴によってフットカバーを使い分けるのは、快適な履き心地を得る上で重要ですよね。
僕はオールデン等木型に余裕を持たせた革靴、ストロングフィットな英仏伊靴、スニーカー、でフットカバーを履き分けてます。
ライニングの摩擦の強弱なんかも考慮要素。

あと個人的には、サイドの浅さが超大切です。
歩くのが好きなので、サイドが浅いと靴の内張りと擦れて痛いんです。
でも、サイドが高いフットカバーは、甲の部分は見えてしまうことが多いのが悩みです。

人それぞれだなと面白かったのは、tkjさん的に低評価な無印のは、僕には凄くあってるのでダースで持ってます。
確かに少しはみ出ることもあるのですが、生地の薄さ、すべり、脱げにくい安心感、高いサイドといった点が手持ちのストロングフィット系の靴と相性抜群でした。
もう廃盤なのが残念。

逆に、ユニクロは価格を考えると驚異的に良いのですが、サイドの浅さがどうにもあいませんでした。

でも、今年のユニクロは数年ぶりの当たり年かもしれません。
スーピマ綿の990円Tシャツは寝間着にぴったりで、二十年以上愛用してきた無印パックTの地位を奪いました。
霜降りグレーのVネックを十枚まとめ買い。
この質を続けて欲しいですね。
すぐコストダウンするのが、ユニクロの好きになれないとこです。
[ 2014/08/04 00:35 ] [ 編集 ]

密かに毎日見ております。
間面白いことをしてらっしゃいますね!とても参考になります。ありがとう

最近iPadから閲覧しているのですが、yahooのアプリダウンロードの催促がずっと表示されていて
記事を集中して読めなくなってきました、、、一
[ 2014/08/04 01:05 ] [ 編集 ]

ナイスタイミングでした

tkjさん

こんにちは!
前エントリのことですみませんが、どうも有り難うございます!本屋じみーに頑張ります。

さて今回の特集、誰かまとめてくれないかなぁーと待っていました。
とてもありがたいです。

持っているフットカバー、それはKEYUCAという家具を扱う店が雑貨を始めて非常に安かったので今春夏に試してみたのですが、もう合わなくて合わなくて、歩いているとすぐめくれて脱げてしまうので。エイと散歩中に捨ててしまいました。
今回のレビューかなり参考になりました。
falkeもいいのですが、やはり履ける靴は限られるし、値段が高い。がっちりした革紐靴履くと甲が擦れて痛い。甲が浅いのを探していたところ、tabioは盲点でした、早速試してみます!有難う御座います。
無印はスニーカーの時に愛用しています。頑丈で重宝しています。

ユニクロもローファー用に試してみます。
[ 2014/08/06 08:40 ] [ 編集 ]

気になるレポ

はじめまして。いつも楽しく拝見しております。

tabioやfalkeなど私も色々ソックスを試し、ユニクロに落ち着きました。
しっかりした滑り止めとフットカバーにしてはやや厚手なところが気に入っています。
ただ、ローファーと合わせると少し見えてしまいますよね?私のBASSでは見えてしまいます。

また良い物が見つかりましたら是非記事にして頂きたいです。
[ 2014/08/08 18:10 ] [ 編集 ]

Re: 画期的なレポごちです。

赤い水性さん

コメントお返しするのがすっかり遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

無印はもの自体はぜんぜん悪くないんですけど、履き口からソックスがのぞいてしまうという一点のみが惜しいです。
ここら辺は各人でのプライオリティがどこにあるかが論点になるんでしょうね。
僕の場合はとにかく「素足で履いているように見える」もの。
水性さんの場合は着用感といった具合に。

なのではみ出ることのない、ニューバランスなどでは僕も積極的に無印カバーソックスを履いています^_^

ユニクロは数年サイクルくらいでいいなあと思うものが出ます。
ホテルタオル、ギザコットン、+J、アンダーカバーのキッズもの、今回のフットカバーなどなど。
ほんと、それが継続されないことが多いのが善し悪しですね。
[ 2014/08/12 01:35 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

fogさん

毎日見てくださってるということでありがとうございます。
うれしいです。

ちょっとPCから遠ざかった生活をしていたので返信遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

少しは誰かの役に立つ記事をこれからも書ければいいなと思っています。
[ 2014/08/12 01:38 ] [ 編集 ]

Re: ナイスタイミングでした

decoyさん

いえいえ、正直、僕個人ひとりが体験できるソックスの数なんてたかが知れているので、はっきり言ってバリエーションに乏しい浅めの記事になったことは否めません。

それでも、こういう小さい体験談みたいなのが積み重なっていくと、少しは「情報」の足しになるかと思い、書いてみました。

ローファー用にユニクロは使えると思いますよ!!
tabioは個人的にはマストソックスです!
[ 2014/08/12 01:59 ] [ 編集 ]

Re: 気になるレポ

yaguuunさん


コメントありがとうございます。

ユニクロはやっぱり多くのひとにとって一つの着地点ではあるみたいで安心しました。
けどyaguuunさんはじめ、みなさんからのコメントなどを拝見すると、靴によっては少しはみ出すみたいですので個々人で履かれる靴に合わせてフットカバーを使い分ける必要がありそうです。

これからも頑張ります!
[ 2014/08/12 02:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/517-146ede4f