Tom Ford / TF5252 001 + TALEX / MO'EYE LENZ

DSC09686_R.jpg
トムフォード+タレックスモアイレンズ

[やっとみつけた]
だいぶ前から黒セルフレームのメガネを探していて、春先にようやくしっくりくるものを購入しました。

最近はものを買ってもすぐに記事にする気が起きなくて、これも大体半年は使ったことになります。

トムフォードのアイウェアなんてすでにベタもいいとこで、もしかしたら地雷なんじゃないかという気すらしないでもなくてあえて取り上げるのも憚られるんですが、それよりもこのメガネに入れたTALEXのモアイレンズが素晴らしくてこっちをメインにしてのエントリです。

Tom Fordは今のデザイナーの中では3本の指に入るくらい好きで、持っている以前にオーダーしたジャケットはほとんどどこかにトムフォードからいただいた(パクったのではなくリスペクト/オマージュですと言いたいところですが丸パクリです)意匠を盛り込ませてます。

トムフォードのスーツ、試着するとめちゃくちゃかっこよくていつも迷うくらいものすごく欲しいですが、スーツを日常的に着るわけじゃないし、オフでもスーツは着ないからさすがにあの値段は出せん。

話が逸れた。

シングルマンに代表されるように、トムフォードの得意中の得意である黒セルですが、意外とかけてみてしっくりきたのは1~2本でした。

DSC09688_R.jpg

細すぎず、でも太すぎないと思える個人的なラインを満たすセルフレームは意外と少なかったです。
他のメーカーのもだいぶ試着したんですが・・・・。

Tom Ford以外だと、PRADAとDITAがよかったですね。

DSC09687_R.jpg

ついてたレンズはそのまま使えますよと言われたのですが、どうにも視界が気持ち悪くて使えず、どうせならと前から使ってみたかったtalexのレンズを入れてみました。


[モアイレンズSUGEEEEEEEE!]
サングラスにするつもりはなかったので、一番薄く、普段使いも可能だというMO'EYE LENZのグレーを。

TALEX タレックスは大阪田島にある70年もの歴史あるレンズメーカーだそうです。
ホームページ:www.talex.co.jp/index.html

メガネ屋さんで見たことがある方も多いと思いますが、偏光レンズ専門に扱っているメーカー。
オークリーにだって偏光レンズはあるし、コダックだってフレーム問わずレンズを入れてくれます。

じゃあなぜタレックスか。

ずばり、モアイレンズがあったからと、保証がついているからの2点です。

モアイレンズは正しくは偏光レンズじゃなくてフィルター内臓レンズです。
雑光カット率:20%
可視光線透過率:75%
**偏光レンズは少なくともそれぞれが50%以上はあるらしい**

余計な光=雑光をカットしてくれるレンズということで、かけてみると劇的に視界がかわるわけじゃないんですが、なんとなく目が楽です。
僕はけっこうまぶしがりで、車の運転にもサングラスが欠かせません。
普段街を歩くときにもアスファルトの照り返しがまぶしいと感じたりするのですが、それがかなり軽減されたように思います。
特に夜!
街灯のにじむような光がすっきりカットされてちょっと感動しました。
夜の運転にもすごくいいです。

あとはコンピュータのディスプレイからの光ですね。
ブルーライト云々という機能は謳い文句にありませんが、このメガネをしながらだと目の疲れが少ないような気がします。
プラセボ効果・・・・じゃないと思うんだけど・・・・自信はない!

画像の通り、わずかに色がついてるかな?というくらいのレンズなので、さすがに仕事は業種を選ぶでしょうが、まあ幅広いシチュエーションで使えるんじゃないでしょうか?
と言いつつ、僕は仕事では使ってません。

あと、件の保証ですが、
「ザ・レンズTALEX」にはお買上げ日より1年間、2つの製品保証がついています。
1. 万一お買上げレンズに不具合が生じた場合は、 無料で交換いたします。
2. お客様の不注意(過失)でレンズに損傷が生じた場合、半額(レンズ2枚を1枚分価格)で交換します。
という内容。

けっこうすごい。

DSC09689_R.jpg

モアイレンズ、なかなか捗るぞ。













有名なシングルマンモデル。
並行輸入だと安いです。
僕は顔が大きいので試着なしが怖くて買えず正規店で買いました(涙)。


















これも好きな形でしたがかけてみたらしっくりきませんでした。













これですね。



関連記事
[ 2014/09/28 00:00 ] めがね | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/493-a3426880