スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

LED LENSER / P14 レッドレンザー P14

DSC02157.jpg

LED LENSER / P14 レッドレンザー P14 (OPT-8414)
3.11から電力が復旧するまでの間、僕ら家族3人は避難所で生活をした。

あの時ほど「日が暮れていく」という、それまで毎日繰り返されていたはずの自然のサイクルを恨めしく思ったことはなかった。
何の準備も心構えもないままに時間が過ぎていき、寝る場所はおろか夕食の準備さえ出来ないまま、あっという間に空が群青色になりやがて闇が浸食していった。

当然真っ暗な家の中。
闇を怖がる長男。

その時、家の中になぜかあった懐中電灯が非常に役に立った。
自分で買った記憶はないので多分忘年会の景品とか何かのおまけとかそんなところだろうと思う。
その小さな光でなんとか一晩を過ごした。
今になると、津波の被害を受け屋根の上で夜を明かした人々に比べればなんということのない状況であったと分かるが、当時はそれなりに大変なことになったなあ、と思っていた。

それから毎日日の出とともに起き、日の入りとともに寝るという生活が始まった。
太陽の光はあくまで明るく、夜の闇はどこまでも深かった。
街は静まり返り、人々の暮らしが発する音や匂いやそして光が失われて、まるで滅び去った街の廃墟のようだった。
その時僕が感じていたのは間違いなく恐怖であった。
でも頭上には普段であればまず目にすることのない数えきれないほどの星があった。

小さな恐怖を隠すために人類が生み出した地上の星は、こんなにも美しいほんとうの星を隠してしまっていたのだ、と思った。
ある人はそれを文明と呼び、ある人は環境破壊と呼ぶ。
それは各々の誤解というよりは単なる意見の相違なのだろう。
同じ物事を違った側面から見て与えられた名前だ。

そんなことを考えつつも、手元にある心許ない光でさえありがたかった。




というわけで、ようやく物流が回復しつつある今、本気の懐中電灯を購入。

求めた条件は明るさ、程よい大きさ、単3か単4で使える、デザイン。

そこで選んだのはLED LENSERというブランドのもので、本国のサイトはこちら

LED LENSERはドイツのZweibrüder Optoelctronics社のブランドで1994年Harald OpolkとRainer Opolkaの双子により設立された。


high performance lineのP14。
性能はもちろん、外観もかなり精悍。

DSC02156.jpg
真っ黒なボックスに入っていて、開ける前から心が躍る

DSC02159.jpg
本体、ケース、付属のアルカリ電池

付属の乾電池にまでロゴが入っているところを見るとかなりブランドイメージを大事にしてる印象。

取り敢えず家を真っ暗にして使ってみてびっくり。
めちゃくちゃ明るい。
210ルーメンとこれだけ明るければ十分。
天井を照らすと反射光でそれなりに生活出来そう。細かな作業は無理だけど。

お尻の部分にメインスイッチがあり、1回押すとpower mode(100%)、もう1回押すとlow power mode(15%)、さらに押すとOFFになります。どのモードでも軽く押すと130%のboost modeになります。
ヘッドの部分をスライドさせて前に出すとビーム状の光になり最長照射距離280m。夜空にむけると一直線に光線が。

DSC02158.jpg
レンズ部分にはロゴ


DSC02160.jpg
別売りのクリップでベルトやポケットなどに固定出来る

全長は205mm、重量は383.5g、連続点灯時間は104時間(実用点灯6時間)。
普通に使う分にはlow modeでも十分な気がする。

今後もM7~8クラスの余震(だか本震だか)が来る可能性があるという。
これでいつ地震が来もうマジで来ないで下さい











僕が買った値段より2000円近く安い・・・。
ぬう。

関連記事
[ 2011/04/26 00:15 ] ツール | TB(0) | CM(2)

Good Job !

初めまして。
私もP14購入者ですがこれは凄いですね。
写真、とっても綺麗なので、私のブログにこのページをリンクさせて頂きましたので
ご連絡いたします。

とても貴重な情報、ありがとうございます。
[ 2011/05/04 11:29 ] [ 編集 ]

はじめまして。

お褒めのコメント+linkありがとうございました。
ブログを始めて5ヶ月めなのですが、S.U.L様のコメントが初です。
うれしいものですね。

S.U.L様のblog拝見致しました。
僕もapple信者でデジタルガジェット好きですが、その切り口でブログを作れる知識はないのでこれからも面白く読ませて頂きます。

ファッションというジャンルではありますが今後ともよろしくお願いします。
[ 2011/05/04 14:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/49-a8f8d764







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。