スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Today's style-103-

DSC09164.jpg DSC09165.jpg
上:wjk
中:Inverallan
下:Pt.Alfred
靴:Alden

[ようやく冬が終わりそう]
仙台はまだまだ朝晩が寒いですが、だいぶ春が近づいてきているようです。
少しずつ軽い格好になっていくのが嬉しいです。

勝手なもので、冬に入る時はウールのものやレザー、コートが着られる!ってわくわくしてたのに、たった数ヶ月でもう軽いものが着たいなんて心変わり。

結局のところ変わらないものと変わっていくもののバランスの中で僕たちは生きているんでしょうね。

色んな服が着られるので四季のはっきりしている日本に生まれて幸せだと思っています。
そもそも季節の変化の強くない国に生まれていたらこんなことも思わないのかもしれませんが。


[解説]


<Outer>


ちょっと寒い時にはダウンベストをよく着ます。

DSC01753.jpg

もう少し中綿が薄かったら言うことないんですが、なかなか気に入ったものが見つけられないので未だこのwjkを。


<Inner>

DSC09173.jpg

インナーって言わないような・・・・。

僕が勝手に一人で盛り上がってるアランニット。
ここ数年ハイゲージのニットしか着ていなかった揺り戻しかもしれません。

まあ、でもこの形の無骨なこと。
無骨というか、はっきり言ってもっちゃりしてる

なのに惹かれて着てしまうこの魅力。



イギリスから輸入したものではあるにせよ、買ったショップのオーナーは日本人。
イギリスの人、こんなの日常で絶対着てないよね。
着てんのかな?
日本のアパレル業界が「古き良き!」「熟練ニッターのハンドメイド!」「90時間!」なんて耳障りのいいスローガンで煽って日本でしか売ってない感バリバリ。

それでもいいんです、個人的には好きだから。


<Pants>

DSC09172.jpg

Pt.Alfredのチノ。

このごろドレス寄りのスラックスタイプのパンツが穿きたい。
5ポケットはおおかたヴァリエーションが揃ってしまったからです。

5ポケットでは代替できないパンツとなると当然スラックスになり、カジュアルの範囲内でもドレス寄りにしたい。

クリース、バーティカルスリットかフォワードセットの前ポケット、両玉縁の後ポケット。

イメージは昔ドレステリアができたばかりの頃のドレスチノ。
そして生地はバリーブリッケンやビルズカーキみたいながっちりしたチノクロス。

そのイメージで探すと、意外と好みに合うようなものがないんです。

まず高オンスのチノを探すと、どうしても41/43/45カーキみたいなヴィンテージレプリカのずどーんとした形のものが多い。
そして形のきれいなものを探すとインコ/PT01系のイタリアのパンツ専業系メーカーに辿り着いてしまい、だいたい生地にポリウレタンが入ってきがちで(それが悪いわけではないんだけど)、何より高過ぎる。


ということで適正な価格の適正な生地のパンツを直すこと前提で購入。

できればある程度最初からドレス仕様がよくて、Pt.Alfredを久しぶりに選びました。

さすがにいい生地と縫製、そして適正な価格。

基本的にはそこまで仕様にはこだわらないんだけど、今はドレスっぽいパンツが良いので、ベルトの部分に持ち出しがあり、両玉縁仕様で。ベルトピンループもついてるし、クロッチライニング(股シックとか棒シックとか呼ばれるもの)も。

DSC09174.jpg
けっこう細い両玉縁とスーツの内ポケットによく見られるD閂

DSC09175.jpg
長めの持ち出しとベルトピンループ

DSC09176.jpg
クロッチライニング

これをウエスト詰め、膝詰め(20cm)、裾詰め(17cm)、4cmのダブル仕上げ、股下71cm(短っっ!)での超tkj仕様で。



・・・・・・やりすぎた!

ちょっと膝を細くしすぎましたけど超満足。

これですよ、俺の穿きたいパンツは。
でも次は膝裾をもう1cmずつ太くしてもいいかな。

今度はバズリクソンズとかもろレプリカを直してもいいかも。
ワーカーズのチノも10.5オンスでかなり光沢も張りもあったのでそれもいいかもしれない。


<Shoes>

Aldenのストレートチップ。
カーフです。
今さらながら990も欲しいと思ってはいるんですが、履く靴は十分にあるし、なんとなく行動を起こしていません。

正直あんまりよさそうな革ではないんだけど、とても使いやすい靴です。

DSC05872.jpg

ほんと何の変哲もない靴なんだけど、トゥの形、コバの幅、羽の閉じ方なんかがいちいちちょうどよく感じます。
この塩梅のよさってオールデンならではだと思うので、決して名前だけで売れてるわけじゃないんだろうなあと思う。


[最近の傾向]
結局長いこと洋服を着てると、自分の好みの範囲内ではあるんだけど、対極にぐわっと移動してしまいたくなる時期が来ます。
5ポケットばかりを穿いていればスラックスタイプを穿きたくなる。
シャツばかり着ていれば、カットソーを着たくなる。

その繰り返しでいろいろな服を着ていくのが楽しいです。

DSC09167.jpg















次はここ。















そしてジョンモロイ。














いいんだけど高い。














これなど。
















スタプレは全然あり。

関連記事
[ 2014/03/29 00:00 ] Today's style | TB(0) | CM(2)

インバーアランセーターいいですねぇ。ローゲージセーターは本当に暖かいですよね。インナーに風よけになる服を挟めば真冬でもいけますよね。
細身で踝丈のスラックスのおかげでカントリーなアランセーターがぐっと都会的に見えますね。

私も何年も前からずっとローゲージのアランセーターが欲しいなー、とおもっているのですが近場に取扱店がなくて…。
田舎はピンポイントで欲しいものを探すとネット購入しかなく寂しいかぎりです。かといってネットだとサイズ感がわからないですし。

現在はしょうがないのでw地元のセレクトショップで見つけたGDCなる?若者ブランドが、カナディアンセーターに別注をかけたカウチンを着ています。
別注でモダナイズされてはいますが。素材自体はカウチン特有の分厚い無撚糸ウールで、雨も雪も弾きますし。やはりローゲージセーターはいいなと実感しています。
が、今冬こそ時間みつけて大都会東京ジャングルにアランセーター探しの旅にでようかと思っていますw
[ 2014/03/29 13:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

通りすがりのチワワさん

偶然ですが、先日、仙台でGDCのデザイナーの熊谷さんを見かけました。
今はNAISSANCE(ネサーンス)をやってらっしゃいますね。

わかります!
仙台も意外と選択肢が少なくて、欲しいなと思うものはほとんどネット上(泣)。
東京という街のすごさというか異常さがうらやましいです。
[ 2014/03/30 08:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/462-cccf59be







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。