Workers / Mountain Shirt Parka

DSC09134.jpg
Workers / Mountain Shirt Parka

昨年10月受注、1月に届いたワーカーズのマウンテンシャツパーカ。
届いてからたくさん着たので、使用感レビュー。

細かなディティールやつくりに関しては、僕のレビューなんかより本サイトを見るべきなので、そちらのリンクを貼っておきます→http://www.e-workers.net/store/201401/b1.htm

2項目に分けてレビューです。

1. 素材感、かたち、ディティール
2. 用途



<1. 素材感、かたち、ディティール>

ファブリックは60/40クロス。

綿60%・ナイロン40%。その名の通り、綿の吸湿性・通気性と、ナイロンの速乾系・防風性を併せ持つ60-70年代のアウトドアウェアではおなじみの素材。
(以上、公式サイトより引用)

ロクヨンと言えばやはりSierra Designsシエラデザイン。
あのマウンテンパーカの系譜です。

当ブログを見てくださってる方ならご存知だと思いますが、僕はGore-Texなどの高機能化繊が大好きです。
正直60/40クロスは当然知識としてはあるし店頭で何度も見てはいるものの、着たことはありませんでした。


着てみると、60/40悪くないです。
全然悪くない。

軽い雨なら平気だし、雪なら全然余裕です。

裏地がついてないのもあって、とても軽快です。
そしてジップなしのスナップというのもこれまた非常に軽やか。

重量的にも軽いのですが、何と言えばいいかこの「さっと羽織れる感」は異常。
ほんと気軽にさっと羽織って外に出られるんですね。

この真冬に部屋着+これ1枚ではさすがに無理ですが、フリースやインナーダウンをレイヤリングすれば全然いけます。

DSC09136.jpg

全体として直線を基調としたシンプルなデザイン。

DSC09134.jpg

公式サイトにも記載がありますが最も秀逸だと思ったのが首回りの収まりの良さ。
フードにゴムを仕込んであるので、後ろにだらしなくだらーーんとならず、首回りでうまくまとまっててくれます。
余計なヒモとかがないのも良い。

DSC09135.jpg

1点だけ強いて難点を上げるとすれば、ハンドウォームポケットの口の切り方でしょうか。
このデザインだと真横から手を入れなければいけなくなり前ポケットに手を入れる人間の自然な姿勢がとりにくい。
ただこの直線的なポケットの配置、デザインがあるから往年のアウトドアウェアからの引用が明確になるわけで、その不便を理解しつつもあえて意図的にこれでいったようにも感じられます。


<用途>

んー何にでも合うんじゃないですかね。
って身も蓋もないか。

僕はおしゃれなワンマイルウェアって感じで使ってます。
裏地がなくて軽いので、たぶんスリーシーズンいけますから、春先、梅雨時、秋口なんか、玄関先にちょいとかけておいてちょっとした外出にさっと羽織るというような。

あとはやっぱり雨天時のアウターとして。
現行のアウトドアものにはない、そこはかとないおしゃれ感がある。


[一家に1枚]

お値段も手頃ですし、ひとつあると便利かなと思います。





















これもロクヨンです。





















当然のシエラ。





















現行ものならここのは外せないでしょう。




















これもなかなかかわいいです。

関連記事
[ 2014/03/23 00:00 ] アウター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/460-61dc18c4