スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

靴をリペアに出しました。

alden-after.jpg
RESH仙台三越店に靴をリペアしてもらいました

[ようやく]
以前から出さないと出さないとと思いつつ、全然重い腰が上がらなかった靴のリペアをしてもらいました。
仙台は靴のリペアをしてくれるお店自体が全然多くないので、選択肢は自ずと絞られます。

今回は三越仙台店の本館5階にある「RESH」さんにお願いしました。
Alden、Tricker's、guidi、奥さんのrepetto2足の計5足。

それでは早速before-after。



<Alden / cordovan saddle oxford>
過去の記事:qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-12.html

今所有している靴の中でもかなり古い部類に入ります。
10年くらい?

beforeです。


alden-before1.jpg

alden-before2.jpg

alden-before3.jpg

両足ともに外側のラバー層が削れ、いちばん下のレザー層に到達してしまっています。
外側ばっかり削れるのは僕の歩き方が外股だからですね。

オリジナルヒールはいわゆるレザー+ラバーのダブテイルだったのですが、ビブラムの6mm厚のものに交換してもらいました。

afterどうぞ。

alden-after1.jpg

ネルに入れて持って帰ってきたので、張り替えたビブラムソールにネルの繊維がついてしまっています。
見苦しくてすみません。

alden-after2.jpg

alden-after3.jpg

なんとコバ全体もケアしてくれていました。
これで気兼ねなくまた履くことが出来ます。


<Tricker's × Soph / molton>

trickers-before1.jpg

これもオールデン同様ラバー層の外側が削れてしまい、それに加えて(写真を撮り忘れたのですが)つま先もだいぶ削れていましたのでつま先+ヒールの修復を依頼。

afterです。


trickers-before2.jpg

trickers-after1.jpg

trickers-after2.jpg

trickers-after3.jpg

この靴はダブルレザーソールなので返りが悪くつま先が削れました。
そこをラバーで補修してもらい、ヒールもレザー+ラバーだったのをラバーヒールにしました。



[靴好き失格・・・・か?]
他に出したguidiも良い仕上がりでしたし、嫁さんのrepettoもきれいにハーフラバーがソールの前半分に貼られて戻ってきました。

5足お願いしてわずか2時間の仕上がりで、当日持って帰ってきました。


革靴好き失格だと声高らかに宣言するようで恥ずかしいのですが、レザーソールの馴染みの良さよりもラバーソールの耐久性やグリップ力を僕は取ります。

正直全部の靴をリッジウェイとかダイナイトにしたいくらいです。

まだ履けるソールをオールソールするのも経済的でないので、ラバーソールにするのはオールソールの時にするつもりです。
ソールは消耗品ですから、また削れてきたらリペアですね。



さて、久しぶりにトリッカーズを、オールデンを履いて出掛けますか。
関連記事
[ 2014/03/11 00:00 ] 靴についての雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/456-0cbf23dc







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。