Maison Martin Margiela / 11 boston bag

DSC08954.jpg
Maison Martin Margiela / Boston Bag

[マルジェラに対する複雑でもない思い]
マルジェラくらいファッション好きから評価の高いブランドもない気がする。
仙台のRevolutionは黎明期からマルジェラを高く評価し、一時期は仙台店が世界でいちばん売り上げていたという話もあるくらいで、だからマルジェラの服はわりと長く見続けていることになる。

それでもマルジェラの服を買ったことはほとんどない。
値段が高かったことが一番の理由だけど、純粋にあの値段出してでも欲しいと思うものがなかった。
AIDS Tは何枚か買ったけど、結局手元に残っているのは1着だけだし、ほとんど着ることはなくなった。

そのデザインに内在させた思想性の高さやデザインそのものを良しと出来なかったのは、単純に自分の美意識と相容れなかっただけなのか、自分のセンスがないのか。

唯一シンプルなジャケットやコートはいいなあと思いましたが、やはり値段が高すぎて手が出ず。
まあ手が出せるようになった今も、なんとなく買うところまではいかないのはなぜなんだろう?

アーカイブからの引用センスと編集能力の高さ、コンセプトの構築もしくは脱構築を以て洋服という存在そのものを昇華させる(もしくはさせたように見せた)手法が革新的であったことは誰にも否定できない。

むしろその概念性が煩わしかった?
いやそこまで大それたことは考えなかった。
単純にかっこいい!と思える服の数が多くないだけだったんだろう。

今はマルジェラ本人はデザインに加わってないけど(3年前くらいから噂にはなっていましたが、先日Matthieu Blazyがヘッドデザイナーだとついに明らかになりましたね)、14ssのイレイズニットシリーズはかっこよかったと思えたし、嫌いな訳ではないんですよね、もちろん。

で先日、これはいいと思えるバッグがあったので、素直に買いました。

以前の記事(qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-459.html)で軽く触れていますが。

半年以上使ったので、使用感とともに記事にしてみようかと思い立ち。



[それでは画像]

DSC08953.jpg

キャメルという素材に惹かれました。
ところどころにある傷、独特の張り、ラフに扱ってもよさそうな感じ。

DSC08955.jpg

DSC08956.jpg

DSC08954.jpg

荷物は大量に入るし、サイドのスナップボタンを留めればすこしコンパクトにもなる。

欠点は重いこと。

そして中で荷物が迷子になること。
こっちは小分けバッグを使えば大きな問題にはなりません。

使えば使うほどいいなと思っています。
出放すことなく長い期間使えそうかな(全くあてにならない予測)。

上の画像は買ったばかりで撮ったものですが、下は最近撮ったもの。

mmm.jpg

あんまり変わんないね。
















いいですね。


















小さいバージョン。



関連記事
[ 2014/08/22 00:00 ] かばん | TB(0) | CM(2)

ボストンバッグ

はじめまして^_^
とても素敵なコーディネートですね!
こちらのマルジェラのボストンバッグは通常サイズの物ですか??
[ 2015/02/10 17:41 ] [ 編集 ]

Re: ボストンバッグ

やふーさま

返信が遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

情けないのですが、マルジェラで展開されているバッグのどれが通常サイズなのかがわかりません・・・・。

牛革で定番的に作られているものと同じサイズかという意味であれば、同じです!

[ 2015/02/13 13:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/449-e4ac29fe