Arc'teryx veilance / Mionn IS Blazer

mij2.jpg
Arc'teryx Veilance / Mionn IS Blazer

[インナーダウン第3段]
使いまくりのインナーダウンですが、mont-bellのスタンドカラータイプ、the north faceのカーディガンタイプと続きました。

「ジャケット+インナーダウン」

だいぶ浸透してきたものの、どこまでいっても異色の組み合わせである感覚は自分の中で消えません。
それが悪いのではなくて、アウターとのテイストを合わせたくなるときがあったのでこれを追加しました。

mij1.jpg

Arc'teryx VeilanceからMionn IS Blazer。
ブレザーという名前がついていますが、テーラードのデザインをちょっと拝借したコーチジャケットみたいに見えます。

mij2.jpg

ボタンを開ければ、ノッチドラペル風。

mij3.jpg

ブレザーという名前ですが、パッチポケットではなく、縦のスラッシュポケット。
そしてスナップボタン。

mij4.jpg

中には極薄のコアロフトで、温かさも確保。

mij5.jpg

よく見るとリップストップナイロンです。
スナップも極めてシンプルな黒の単一色。

mij6.jpg

肩なんかはかなり独特で面白いパターンです。

出自がアウトドアだからとうぜんカジュアルなんだけど、シックな振れ幅も感じます。
ブレザーと言う名前をつけておきながら、スナップ開閉でスラッシュポケットというストリート仕様。

mij7.jpg

特筆すべきは内ポケットに本体を収納できてパッカブルなこと。

mij8.jpg

これが非常に便利。
20秒もあればこの状態になるので、室内に入った時なんか畳んでおくと邪魔にならないですね。

mij9.jpg
モンベルとiPhoneと並べてサイズ比較

毎シーズンarc'teryx veilanceには何かしらいいものが見つかります。
次のシーズンも楽しみです。


[いくつになってもストリート]
30代半ばという年齢を迎えても、ストリートの要素が入っている洋服が好きです。

この辺りの幼稚性は自分でもかなり自覚していて、良くも悪くも階級社会ではない日本という国のせいにして逃げ切ろうと思っていますがヨーロッパだとこうはいかないんでしょうね。

僕みたいなカジュアル全開の大人(なのか本当わからないような人)は歓迎されないと思う。

そろそろ正統的なジャケット、シャツ、パンツを着るべきなんだろうなとは思いつつも自分の好きなものを選んでいます。

まあいいや、海外転勤とかハッピーリタイヤとか、その手のイベントの時に改めて考えよう。

それまではこの路線のスタイルを楽しむことにします。















patagonia MARSもいいなあと思いながら買ったことはありません。


















ミリタリー専用ラインのものにはミニマルでかっこいいデザインのものが結構あります。


関連記事
[ 2014/01/19 00:00 ] アウター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/436-23b4b1b5