AZ denim shirt

DSC01755.jpg
AZ デニムシャツ
今日は春の到来を確実に体感できる気温だった。
とても暖かかったのでカットソー1枚とこれを羽織って外出した。

2010年秋頃にzozoで購入。
サイドポケットがついているシャツ、というものに目がない。
リメイクショップにお願いして手持ちのネルシャツにポケットをつけてもらったりすることもある。
基本的にはてぶらが好きなんだけどタイトめのパンツを好んで穿くため、ポケットにはあまりものを入れられない。だからトップスにポケットがあると非常に助かるのである。

色落ち加工がちょっと過剰、フックの位置が下過ぎる、という気に入らない点もあるけど、その他は許容できる。

DSC01756.jpg
デニム生地の表情の近接

今日はこれにwjkのスリムの迷彩パンツ、カルペのブーツという格好でした。



街は表面的にはいつもと変わらないように見えた。
確かにお店の営業時間が18時までだったり、コンビニに陳列されている商品がいつもの1/3くらいだったり、まだ3.11以前の世界には戻ってはいない。

でも。
それでも僕たちは日常を送ることが出来ている。

これまでが異常だったんだ、ということが実感できる。
これまでに何度も繰り返され使い古されてきた「日本は恵まれすぎている」というフレーズが身に沁みている。

人間に欲や向上心がなくなったらだめなのかもしれない。
しかし足るを知ることもまた一つの知性である。

「ここからほんの10km程度の距離の地域が津波で文字通り根こそぎ洗い流されてしまったんだ」という事実。
自由におしゃれが楽しめることの素晴らしさよ。
今までに飽きるほど着てきた手持ちの洋服たち。
まるで初めて袖を通すかのような喜びを感じる自分がいる。















色味はこっちの方が好き。

関連記事
[ 2011/04/17 00:29 ] シャツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/43-5097d4a5