Mont-bellとThe North Faceのインナーダウンを比べてみた。

DSC08227.jpg
左:mont-bell / U.L.ダウン スナップジャケット
右:THE NORTH FACE PURPLE LABEL /Down Cardigan

[冬でも「重」じゃない衣料を!]
昨年からインナーとして(ここでのインナーは「アウターの中に着るもの」だと思ってください)Mont-bellの薄手のダウンを使い始めました。

そもそもはアテナデザインのニットやバブアーのジャケットみたいなちょっと保温性に難のあるアウターを真冬でも着たかったからです。


ピッティのスナップに出てくるようなひとたちや、EGの鈴木大器氏などのスタイリングからアイデアを拝借したのですが、感触は非常に良く、いろんなスタイリングに使えそうです。
当時の記事http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-325.html

そして今年もすでにだいぶお世話になっていて、ついにテーラードジャケットの下にも着始めました。

そうなると気になったのが首回りで、僕の持ってるハイネックタイプはどうしてもシャツに干渉してしまってジャケットには使い辛かった。

それで今年はデコルテの開いたカーディガンタイプのものを加えました。
先日のToday's Styleでも出ましたThe North Faceパープルレーベルのダウンカーディガンです。


[せっかくだからこの2つを比較しちゃうよ!]
先日から導入した人気記事ランキングを見ると、ある程度の傾向があって、ぶっちぎりでアクセス数が高いのがオールデン関連。

その次が「カットソーを比べてみた」とか「はじめてのシュリンクトゥフィット」みたいな企画もの。

そしてIWCとかレッドウィングとかいわゆるメジャーどころ。


というわけでPVアップ狙いを兼ねて、企画もの!
この2つのインナーダウンを比べてみました。


各社から色んなタイプのインナーダウンが発売されてますから、これを叩き台に素敵な1枚をゲッツしてください。
それでは色んな角度から見ていきましょう。


[ネック]
DSC08228.jpg DSC08236.jpg

モンベルはハイネック、ノースフェイスはVネックです。
モンベルの方が物理的に寒気を遮断してくれるので、保温性はモンベルに軍配。
ジャケットスタイルを破綻させずに着るならVネックのノースフェイスですね。

何にプライオリティを置くかで決めましょう。

僕は単純にあたかも着ていないように見せたい場合はノースフェイス。
ネックが高いインナーダウンがそもそも見た目に響かないようなアウターのときはモンベル。
という感じで使い分けてます。


[肩〜アーム]
DSC08239.jpg DSC08237.jpg

モンベルはセットインスリーブタイプ、ノースフェイスはラグランタイプ。
可動域とか運動性に差は感じないけど、そもそものパターンとしてノースフェイスの方が身幅はせまい。


[身頃]
DSC08231.jpg DSC08242.jpg

ダウンのキルティングのパターンはモンベルがスクウェアでノースフェイスは横のラインでの構成。
その保温性には明らかな差異はなくて、視覚的な好みの問題かと思う。


[ボタン]
DSC08229.jpg DSC08241.jpg

モンベルは樹脂製の軽いもので無刻印、ノースフェイスはメタルでロゴ入り。
ファッションコンシャスなのはもちろんノースフェイスなんだけど、機能性を考えると正解はモンベルだと思う。

この手のスナップタイプのウェアは着脱の時に「ぱちぱちぱちっとスピーディに外せる」のがメリットだと思うんだけど、メタルボタンは噛み合わせが少し生地に対して強い気がする。
この「ぱちぱちぱちっ」を勢い良く続けてたらいつか生地が破れそう。
その点モンベルの樹脂系スナップは軽快に外せます。

丁寧に外せばいいだけの話なんだけれども。


[袖口]
DSC08230.jpg DSC08240.jpg

両者とも薄めのゴム仕様。


[中の縫製]
DSC08233.jpg DSC08243.jpg

縫製はモンベルに軍配。
パイピングがあてがわれてたり裏地の生地の色を変えてあったり。


[生地表面のアップ]
DSC08245.jpg DSC08244.jpg

両者ともリップストップナイロン。
色のせいなのかノースフェイスの方がリップストップが目立ちます。


[素材]
<モンベル>
表地:ナイロン(バリスティックエアライト)
中綿;ダウン90%フェザー10%

<ノースフェイス>
表地:スーパーライトウェイトリップストップ
中綿:光電子ダウン(ダウン72%レーヨン20%その他ダウン8%)


正直、体の保温性に大きな違いは感じません。
ただ首周りの問題で、単純にモンベルの方があったかいです。


[携帯性]
DSC08246.jpg

モンベル圧勝。
ノースフェイスの方はなぜ携帯バッグをつけなかったのかが逆にわからない。


[その他]

モンベルはハンドウォーマーポケットがあるのでやっぱり便利。
ノースフェイスは背中の右下にiPhoneがなんとか入るくらいのポケットがついていたので、これはちょっと重宝している。


[値段]
モンベル:12800円
ノースフェイス:26250円


[総合評価]
スペックや着た感じは、特に価格を考慮するとモンベルの圧勝。

今回ノースフェイスを購入したのは、Vネックのカーディガンタイプであったことと「光電子」という若干ヤシマ作戦にでも使われそうな名前の素材がどんなだか興味があったという2点の理由からでした。
だからもしモンベルにVネックのカーディガンタイプのものがあったら、間違いなくモンベルを選んでたと思います。
丸首のカーディガンタイプはあるんですけどね。

だけど、それが万人に対する正解かと言えばそんなことはない。
nanamicaはパープルレーベルをだいぶファッション寄りにモディファイしているんだと思うんだけど、今回のインナーダウンに関しては、ファッションの方向に振ったところでアウトドア製品はアウトドア製品、ノースフェイスもモンベルも似たようなもんかなというのが僕の感想。


モンベルはインナーダウンが市民権を得始めた今、色、形のバリエーションを充実すべき。
U.Lダウン自体すでに相当完成度が高いのでちょっとバリエーションを揃えたら他を追随させることなくこの分野のシェアを取れる気がするんだけど、いかんせんスタイリッシュさがなかったり、ロゴが残念だったりするのでそう簡単な話でもないかも。

けれどそういう「実用的な」「野暮ったいところの残る」ウェアを忍ばせることによって、全体のあか抜けなさのスケープゴートにも使える便利な服だったりするのかもしれない。

温かさという実をとるためにモンベルというスタイリッシュな選択肢の用意されていないウェアを着るしかなかったからこんな風にしか見えないんだよ!ほんとうはダサくないんだよ!という濡れ衣を着せることが可能だから。


なんだ俺にぴったりジャン!!(自虐的に)

mont-bellというロゴが入ってるだけでもうヤダ、という気持ちも理解は出来ますけどね。
でも結局インナーに着るからロゴは外から見えないし。
おすすめです。




















丸首タイプ。
もうちょっと首回りが開いてたら良かったのに。






















ハイネックタイプ。




関連記事
[ 2013/12/20 01:44 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)

待望の!

待ちに待った比較記事です。
一長一短がわかりやすくて大変参考になりました。しかしながら確かにモンベルはいいですがVネック欲しいですよね、ホントに。色のチョイスももっとやりようがあると思われますが、tkjさんもおっしゃるように良くも悪くもこのダサさは、『訳があってこれを着てますよ』感に直結していいのかも。なんならその意味ではロゴも重要なのもですね。
しかしながら会社に着ていってるのを職場の若手の小柄な社員が目ざとく見つけて、次の日にほぼ同じデザインのユニクロのラウンドネックカーディガン(レデイースはあるそうなのです!)を着て登場したのはびっくりしました。
来年は、ユニクロが出すかもですよ。Vネック(笑)まあリアルなのは、エンジニアードガーメンツから、今フード付ベストで展開してるプリマロフトのツイードシェル極薄カーディガンとかこの流れにのって出てきそうですね。
[ 2013/12/20 02:13 ] [ 編集 ]

民衆

同じようなモデルでの比較じゃないと意味がないと思うのですが。がんばっているだけに残念です。今回のどちらか一方とユニクロのインナーダウンを比較。ユニクロでも十分!!という結果のほうが民衆は喜び、PVは伸びそうな気がします。
週末はユニクロへGO!
[ 2013/12/20 09:42 ] [ 編集 ]

Re: 待望の!

paoloさん、いつもコメントありがとうございます。
ほんとモンベルでVネック欲しかったです。いつかでるかなと思いつつ待てませんでした。
ただこの質実剛健なところが良くも悪くも・・・・ねえ。

ユニクロは毎シーズン見てはいるのですが、無味乾燥なインダストリアルプロダクトという印象が強くて、購買意欲がわきません。
ダウンに関しても試着もしましたが、キルティングの取り方やジップのチョイスなどがやはりどうしても好きになれず、購入には至りませんでした。
ユニクロがVを出しても手は出さないかもしれません。

ガーメンツもわりとインダストリアル寄りなメーカーだと僕は認識していて、paoloさんからその二つが同時に挙がったのを見て興味深かったです。
ポストオーバーオールなんかも同じ文脈で僕は見ています。
[ 2013/12/20 18:20 ] [ 編集 ]

Re: 民衆

コメント、ご意見ありがとうございます。

貴殿のおっしゃる「同じようなモデル」の意味を量りかねていますが、結局のところ、2者の何を以って「同じ」と考えるかではないでしょうか。

「ある対象物(群)を対照(群)と比較する際には、その条件を可能な限り同じにする」というのは比較論/統計学では基本だと僕も思います。

このケースでは
・アウトドア/スポーツブランドという同カテゴリーのウェアである
・両者ともスナップボタンによる開閉形式である
という類似性に着目し、比較することに一定の妥当性があると判断して、稚拙ではありますが記事を書きました。

もしハイネックとVネックという見た目に分かりやすい形態上の違いを以って「同じようなモデルではない」とご指摘くださっているのであれば、それは、対象に対する類似性についてお互い認識のずれが生じているだけなのではないかと思います。

つまり比較対照における対照選定のデザインの不備の問題ではなく、貴殿の欲しかった(あるいは貴殿が「世間が欲しいと思っている」)情報と今回私が設定した比較対照のセッティングがマッチしなかっただけなのではないでしょうか。

その認識のずれを残念だとおっしゃられているのであれば、それは確かにお互いに残念なことではあります。

もっと視野を絞り「価格と性能」を切り口として話を展開させ、
「モンベル/ノースフェイスとユニクロを比較→実感として性能に差がない→ユニクロで十分」
という論旨をうった方が万人受けしそうだというお考えについては大いに賛同するところですが、それは僕が書きたい内容ではないというのが正直なところです。

それがPVアップにつながるとしても、です。
[ 2013/12/20 18:43 ] [ 編集 ]

ダウンではありませんが、アウトドア系ならノースフェイスのバーサマイクロベントカーディガンというのもありますよ。ポーラテックサーマルプロで作られたカーディガンだそうです。
気になって実物を見に行ったのですが、本当に暖かいのかコレ?という感じのペラさだったので購入には至りませんでした。
[ 2013/12/20 23:32 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tofuさん、お久しぶりです!
コメント&ご情報ありがとうございます!

ググってみましたが現行のラインナップではカーディガンタイプが見つけられませんでした。
当然のことながら、まだまだ知らないものがたくさんあります。
勉強になりました!
[ 2013/12/21 00:08 ] [ 編集 ]

失礼致しました。
つい1週間ほど前に近所(京都ロフトマン)で試着したのですが、ゴールドウィンの公式サイトでは取り扱いナシですね…
僕はこの手のインナーは去年買ったVICTIMのフリースカーディガンで何とかやりすごしてます。が、やっぱり寒い 笑

パープルレーベルのダウンカーディガンは試着してみたいと思います。
こちらこそいつも有益な情報ありがとうございます。
[ 2013/12/21 00:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tofuさん

いえいえ!
こういうモノがあるということを教えていただいただけでとてもうれしいです。
いつか復活したり、これをベースにアップデートしたものが出てくるかもしれませんので、そのきっかけになります!ありがとうございます!

フリースは裏に防風目的のフィルムがないものはちょっと寒いなと思う時が僕もあります。
体温とフリースで温まった空気の層を、その通気性の良さが仇となって維持できないのかなと思っていました。

ダウンとはいってもインナーに着ることのできる薄さですので、けっして過信や油断せずストールやグローブなど末端は出来るだけ保温してからだ全体の体温喪失を防止するように努めてはいます(笑)。
[ 2013/12/21 01:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/424-1aa19dcd