僕のワードローブへようこそ-2-

CCP0.jpg
Carol Christian Poell / OD Fencing Leather Jacket

[到着]
今年最後の購入エントリー。

超おっきな箱に包まれ、それはやってきた。
11月頭の話。
店頭から持って帰ってくるのが大変で、自宅郵送にしたから。

CCP3.jpg

でけえ!

そして遠足の時に下に敷くビニールシートをもう少し硬くしたような素材のガーメントケース!
(後日、このオブジェクトダイレザー特有のにおいをこのビニールシートがとても効果的にシャットアウトすることがわかりました。)


[開封の儀]

CCP4.jpg

裾から曲線を描きながら首まで伸びるダブルジップとハイネック、首元のダーツ。
基本的なデザインはそれだけ。

素材は重厚としか表現できないホースレザー。

CCP5.jpg

背中は4ピースでの構成。

レザーウェアのバックは個人的にかなり大事で、変な切り返しなんかがあると一気に興ざめしてしまいますが、これは素晴らしい。

CCP6.jpg

以前スタンドカラー狂であることはお話ししたと思いますが、それをも満足させる完璧なディティール。

CCP7.jpg

首元のダーツ。
うんもうこれなんていうか、えーと甲冑だわ。

CCP8.jpg

袖はかなり立体的な曲面で構成されていて、平面で置いてもおさまりが極めて悪い。

と言いつつ、じゃあ着やすいのかと尋ねられると「・・・・・・・・」と間が空いてしまうんだけど。

CCP9.jpg

CCP10.jpg

上の部分だけに三角形のマチがつけられていてこれが非常に手を入れやすくしてます。
ポエルのレザージャケットの多くにこのディティールが採用されています。
ちゃんと使えるポケット。

CCP11.jpg

この経年変化したような加工は正直いらない。
新しいままがよかったな。

CCP12.jpg

CCP13.jpg

信頼のYKK製。

CCP14.jpg

CCP15.jpg

袖口のスナップも加工が施されている。
もう劣化といってもいい変化を来していて、スナップとしてはゆるすぎて役立たず・・・。
ジップの方が機能的にもいいのかもしれないけど、このジャケットにはこれが正解なんだと思う。

CCP16.jpg

コットンの総裏。

CCP17.jpg

内ポケットとタグ。

CCP18.jpg

CCP19.jpg

CCP20.jpg

なかの品質表示など。

CCP21.jpg

きっちりしたパイピングなど、縫製もかなり手が込んでいます。

CCP22.jpg

首周りのバックビュー。


ここからは付属の取り扱い説明書のようなものを。

CCP23.jpg

CCP24.jpg

CCP25.jpg

CCP26.jpg

CCP27.jpg

若干香ばしい感じの日本語訳。
どうも染色前の革でまずジャケットを作って、それから染色槽の中で染めるらしい。
それから手作業で仕上げとポリッシュをするのだとか。

CCP28.jpg

CCP29.jpg

えええええ!
ちょ、山根ぇ!これ洗えるのぉぉ!!?


アンガールズの田中みたいに
CCP30.jpg

今年2013年はこれ6着つくったみたいですね。
んで、そのうちの5番目と。

CCP31.jpg


[異常なまでの昂揚感]
CCPLAST.jpg

何よりも強く惹かれたのが、このジップを下げた時の表情の変化。
上げきった時には大好きなスタンドカラーになって、下げた時はまるでダブルのライダース以上のシルエットになる。

それからその反対側の首への沿い方、残り方!


着た時の昂揚感が尋常じゃない。
これだから洋服って、やめられないんだよな。
関連記事
[ 2013/12/30 00:00 ] アウター | TB(0) | CM(4)

ありが

 今年も一年間、刺激的で勉強になるブログをありがとうございました。
 良く知っているブランドの物も新しく知ることができるブランドの物も、考察全体が大変参考になりますので、「読み物」としても楽しまさせて頂いております。物を見る時の「視野の広さ」がとても素晴らしい上に、表現もまた素晴らしいと感じております。
 また来年も楽しみにしております。ありがとうございました。

 PS.今期後半の怒涛のハイブランドには参りました(笑)。羨ましすぎ!! 
[ 2013/12/30 18:37 ] [ 編集 ]

今年もありがとうございました。

いつも楽しみに読ませて頂いております。
tkjさんの文章は、洋服に対する愛情がこちら側にひしひしと伝わってきます。
それを勝手に心地よく感じ、
一人の男としてtkjさんのファッションに対する思いに感銘を受けています。
来年も読者として、tkjさんのワードローブ探求を楽しみにしています。

よいお年を*
[ 2013/12/30 22:46 ] [ 編集 ]

Re: ありが

THさん、コメントありがとうございます。
「読み物として楽しい」というその一文、ものすごく嬉しいです。
僕がそう思っていただけたら嬉しいなと思っていることだからです。
素人の書く余暇を利用した文章ですが、読書好きのひとりとして、なるべく鑑賞に耐えうるものを書きたいなと思っています。

自分でも後半はほんとうに買い過ぎだと思っていて、来年は控えたいのですが、たぶん無理です(笑)。

一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします!
[ 2013/12/30 23:20 ] [ 編集 ]

Re: 今年もありがとうございました。

archさん、コメントありがとうございます!

最近は単純に服楽しい!好きだ!という思いだけで突き動かされているような気がします。
それを感じていただけたのであれば嬉しい限りですし、今後も見ていただけるならそれに勝る喜びはありません。

ワードローブの完成なんてないんでしょうけど、探し続けていきたいと思います!
archさんからもアドヴァイスいただければ嬉しいです。

来年もよろしくお願いします!
[ 2013/12/30 23:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/409-43e0e7b2