スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Today's style-74-

ts74.jpg
上:smoothday
中:smoothday
下:tatamize / フリッツチノショーツヘリンボーンツイル
靴:Alden / カーフストレートチップ

[慢性中二病]
ここ何回かのToday's Styleですが、smoothdayばかりで見ている方はつまらないかも知れません。
今現在の好きなものということで、ご覧頂ければ幸いです。

まだ全国的な知名度がなくても一流メゾンにも勝るようなプロダクトを作ってるメーカーはきっと結構あって、今の僕の中ではそれがsmoothdayでありWorkersでありtatamizeです。

何かものを買うとき、僕らは色々な指標を参考にしますが、その一つには「有名性」があります。
いわゆるブランドものですが、僕はどちらかと言えば「ブランド」というものには好意的です。
現代まで残る一流メゾンにはやはり当然理由があって、頭から毛嫌いすることはないかなと思っています。

「ブランド」というものはそれだけである程度品質を担保してくれるものであって、僕も例えばpradaなんかは大好きでよく見に行ったりもするのですが、それと同時に、同時代を生きて頑張っている生産者と同じ時間を歩みたい、応援したいという気持ちも大きい。

そして単純に、他人と被らない(被りにくい)いいものを知っている/持っているという矮小な満足感があるのもかなり大きな事実で、このへんは多分慢性中二病です。

有名であろうとなかろうと良質なものとそうでないものをきちんと見分ける力が欲しい。

なのでしばらくWorkersとSmoothdayが頻出です。
多分。


上の羽織りものはsmoothday。
前回のToday's Style 73の色違いです。
ネイビー。

DSC07672.jpg

非常にシックなネイビーで、カーディガンのような1ボタンのジャケット。
基本的には前は開けて着る感じのサイズ感なんですが、今回の画像のように留めて着るときれいに裾へのラインが外に流れてくれてものすごい好きです。
ボタンをしないで着るとそれこそカーディガンみたいに見えます。

中もsmoothdayのVネック半袖カットソー。
DSC07665.jpg

DSC07664.jpg

裾をアップにしてみましたが、よじれのようなものが出ています。
これがまたいい表情で。
こういう風にデザインされたみたいな、それでいて自然な美しいよじれなのです(どんだけひいき目なんだっていう)。

下はtatamize タタミゼのFlip Chino Shorts HBT フリップチノショーツヘリンボーンツイル。
DSC07673.jpg

チノ素材じゃないじゃん、という突っ込みはさておき、オリーブグリーンのヘリンボーンツイルという現在のtkj的偏愛素材ですが、何がここまで僕を熱くさせているかさっぱりわかりません。
わかりませんがとにかく好きな素材。

DSC07675.jpg

前裾に入った2本のダーツと、シームレスな脇線がきれいな縦のラインを作ってくれます。

靴はaldenのモディファイドラストのストレートチップ。
DSC07656.jpg

素材はカーフで色は黒。
実はモディファイドラスト、履き味としてはあんまり大したことないと思っていたのですが、この靴に入れられていたインソールを外してみたらものすごい履きやすくなりました。
土踏まずがぐっとせり出していて、ホワイツに似ている感じ。
インソールが一枚なくなった分だけ紐を締め込むことが出来るようになって羽根が閉じて見た目も好みになりました。

DSC07663.jpg
オリーブグリーンとネイビーの組み合わせが、今個人的にいいみたいです。
そこに茶色の靴だとなんかハマり過ぎのような気がして、黒がいいかなと。
これにネイビーのニューバランスという格好でも一度出歩きました。

それから秋口の「上が長袖、下がショートパンツ」。

大好きです。
その、バランスが。


[おとなの装い]
シンプルでよいものを着る。
好きなものを好きなように着る。

単純です。
でもそれだけのことだからこそ、たぶん、難しい。


でも難しいから楽しいんですよね、きっと。


【TATAMIZE/タタミゼ】FLIP CHINO SHORTS Hbt

【TATAMIZE/タタミゼ】FLIP CHINO SHORTS Hbt
価格:18,900円(税込、送料込)













さいこう。













これも履いてみたい。




関連記事
[ 2013/10/05 23:12 ] Today's style | TB(0) | CM(4)

やっとジャケットが着られる季節

東京は一日雨だったんですが、わりと涼しかったので、乾燥機で縮めた1997年ギャルソンオムのツイードジャケット+無印まんまシリーズのボーダー(緑&生成)+フルカウントの1108濃いめ+ニューバランス992グレー+茶セル眼鏡+68年製オイスターパーペチュアル+クロムのフローラルリングという格好でした。

まだ全国的な知名度がなくても一流メゾンにも勝るようなプロダクトを作ってるメーカーはきっと結構あって>
こういうブランドを発掘したときの達成感はたまらないですよね!
有名になる前のモリカゲシャツや万双やルボナー、買収前の(今とは別物だった)山長印靴本舗等々を発掘した時のときめきは忘れられません。
最近では、スムースデイは言うに及ばず、シャツのANGLAISとかも、もっとメジャーになるべきブランドだと感動したブランドです。
ANGLAISについては、胸囲の問題でギリ着られないんですが…。

これらの中でも、スムースデイは別格の可能性を感じてます。
でも、試着してみないとなかなか良さが分かりづらいブランドですよね。
僕は、この手の薄手のTシャツやカットソージャケットなどは、むしろキライな部類だったんですが、スムースデイのせいで完全にハマりました。
付加価値をつけんがための立体裁断や、ただ甘く織ってるだけの肌触りの良い服なんて巷に溢れてますけど、超一流の素材を、凄い可能性を秘めたデザイナーがメゾンクオリティで作ってる服を日常使い出来るなんて、本当に贅沢で楽しい。
正直、服好きなら、ジェームスパースやピジャマなんて着てる場合じゃねーぞと言いたい(笑)。

それと同時に、同時代を生きて頑張っている生産者と同じ時間を歩みたい、応援したいという気持ちも大きい。>
これも凄くわかります。
結局、雑誌には、広告料を払えるブランドか、強力なコネがあるブランドしか載らないじゃないですか。
そういうとこのアイテムはなんというかスレていて、手垢にまみれた美辞麗句で飾っていてもうお腹いっぱいなんですよ。
いや、雑誌好きなんですけどね(笑)。

マーケットを見過ぎていて、年々普通になってくブランドが多いし。
ここ数年でいうと、定番アイテムすら年々タイトにしていくんですよね。
それが美しいか機能的か、の考察を放棄して、カスタマーのタイトに!の声に膝を折ってしまう。
結果として、「コク」がなくなってしまう。

かといって、マイナーならなんでも言い訳でもなくて、いくら小さいブランドや若いデザイナーでも、素材や縫製、型紙には拘って欲しい。
料理と同じで、良い素材無くして良い服なんて出来ないですから。

でも、日本に生まれて良かったなとつくづく思います。
素材、縫製から仕上げまで作れる技術が残ってて、国内でもある程度の売り上げを確保できるマーケットがあって、細分化された多くのジャンルを受け入れる文化があり、同世代の作り手達の面白い服をインターネットで発掘できて、気軽に買えて。
着道楽にはたまらないですね。
[ 2013/10/06 02:40 ] [ 編集 ]

初めまして

初めまして!京都在住のパウロと申します。いつも楽しく拝見させてもらってます。いつもtkgさんのデニムや靴への深い造詣に感心するばかりですが、私は現在33歳ということもあり同年代感をひしひしと感じております。私はというとオールドステューシーを集め、ギャルソンシャツに古着とシュープリームのキャップを、はてはレッドウイングとダークの鉄板ブーツとDCシューズを交互にはく?プラダのリュックを夢見ながらグレゴリーで我慢する?みたいな今思えば謎な青春時代を過ごしてきましたので、90年代のよくわからない熱気をしっかりと通過しております。
tkgさんとちがい、私はただの巨漢デブなのでかなり着れるものが制限されるため、もっぱらアメリカものが多いですが、服は好きです。
アメブロで『アラサー男のモノ好きブログ』という厨二病を引きずった誰得ブログも近頃また再会しましたので、良かったらお目汚しにどうぞ。
しかしスムースデイかなりよさそうですね。私は肌着はミラーやRRLのチューブTや、Jクルーのコットンニットものが多いのですが、是非来てみたいです!通販とかないのかな?
ともかくよろしくお願いします
[ 2013/10/06 21:28 ] [ 編集 ]

Re: やっとジャケットが着られる季節

水性さん、こんばんは。

さすがの渋いスタイリングですね!
ルボナー、万双あたりは僕が知った時にはけっこうメジャーになったあとですから発掘とは言えないけど、やっぱり嬉しかったですね。
おっしゃるようにsmoothdayは試着しないと本当のすごさが分かってもらいにくいと思うんです。

こんなすごいもの独り占めしたい!という気持ちと、けど売れてくれないとブランドも存続できないという思いと、だけどこの感動をシェアしたいというこじれた思いで、自験例として晒し、記事にしてます。

僕も日本に生まれて良かったなとつくづく思っています。
こんな面白いものに簡単にアクセスできる国は世界中探してもどこにもないと思います。
[ 2013/10/07 00:46 ] [ 編集 ]

Re: 初めまして

はじめまして!
パウロさん、訪問、コメントありがとうございます。
深い造詣があるかといわれると汗が出てきますが、「服が好きだ」という一念で続けています。

全くの同世代ですね!
僕もいまだにステューシーの直営店とか見ちゃいます。
子供服もあるから入りにくくないです。
15年くらい前に「ステューシーなんちゃら」と胸に大きめのカタカナのロゴが入ったTシャツがあって未だにそれが欲しいです。ご存じないですか?

smoothday、ほんとうにすごいです。
何かの機会に東京に行くことがあったらぜひ騙されたと思って行ってみてください。
感動することうけあいです。
通販をやってるのかはちょっとわからないです。ごめんなさい。

僕も今の忙しい時期が終わったらゆっくりブログ見せていただきますね!
楽しみがひとつできました。

これからもよろしくお願いします!
[ 2013/10/07 00:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/393-3243b280







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。