スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

White's boots / セミドレス その2

semi1.jpg
履く前のメンテナンス

いつものように履きおろす前のメンテ。

ブラシとステインリムーバーで埃、汚れを落として、コルドヌリのビーワックス(ダークブラウン)でブラッシング。
以下、並んでいる写真は全て左がbefore、右がafterです。

semi2-1.jpg  semi2-2.jpg

semi3-1.jpg  semi3-2.jpg

semi4-1.jpg  semi4-2.jpg

semi5-1.jpg  semi5-2.jpg

履く前からついていた傷もかなりきれいに目立たなくなりました。

semi6.jpg

そして今回写真を取っていて気付いたんだけど、キャップトゥの位置の目印の為の銀色の線(マジックペン!?)がばっちりアッパー側から見えることに気付きました(黄緑の矢印)。
噂には聞いていたけど、もろ見えです。

semi7.jpg

ブラウンドレスはやはりいい革です。
磨けばあっさり光ります。

semi8.jpg

実はホワイツはかなりアッパーの縫製がきれいなんじゃないかと。
コバのダブルステッチは時々残念ステッチになるけど。
以下、縫製の近接。

semi9.jpg


semi10.jpg


semi11.jpg


個人的にこのヒールとVIBRAMのラバーの積層が美しいと思います。
そしてブロックヒールはじつはちょっとだけ傾斜しているような気がします(黄緑の矢印)。

semi12.jpg

セミドレスとスモークジャンパーの大きな違いがこの踵の外側の構造です。
セミドレスの方がすっきりしてます。

semi13.jpg


アイレットの上2つはフックです。
やっぱりフックの方が履きやすくて好きです。

semi14.jpg


レザーのシューレースは結びにくいのと、レッドウィングのクロンダイクの紐がレザーなので、ナイロンの黒に替えました。

semi15.jpg

靴好きには靴の写真は何枚あってもいいものだ。
関連記事
[ 2013/08/13 00:00 ] 靴についての雑記 | TB(0) | CM(2)

こんにちは、WORKERSのTatenoです。
805出来ました!自分ではいてみて「良い!」と思います。ひざ下のフィット感があり、これが皺がついてある程度伸びるとどうなるだろう?と楽しみです。
少し短めに丈上げして、折ってセミドレスと合わせるのも良いと思います。シャフトにかぶせるのは無理がありそうな裾幅です。

[ 2013/08/16 11:00 ] [ 編集 ]

舘野さんこんばんは!

待ってました、805!!
workersのブログも見ました!
到着が楽しみです。
舘野さんがおっしゃるように805は少し丈短めで仕上げようかなと思ってました。
まあまずは穿いてみてですね!

なにより生機で既にほとんど縮ませてあるっていうのが大きいです。
今メインで穿いてるフラットヘッドの3002は穿かずに乾かしたら、縮んで穿けなくなりそうなサイズ感なので。
あと何回か繰り返せば縮みも安定してくると踏んでるんですが。

届いて穿いたら記事にします!
コメントありがとうございました!
[ 2013/08/16 22:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/376-81d7156f







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。