White's boots / semi dress (C461 last)

DSC07483.jpg
ホワイツ再び

[懲りないバカな俺]
先日、ニックスのメダリオンキャップトゥを手放しました。
小指のアタリがどうしても改善されなかった為です。

けれどそのスタイルは非常に気に入っていてred wingのiron rangeに形を変えたわけですが、やっぱりキャップトゥのブーツは自分の中ではすごく大事なスタイルだったようで、早々に表革のものが欲しくなったのでした。

サイズを変えてもう一度ニックスでも良かったのですが、8Eサイズでもかなりごろんとした木型で、かつ試着も出来ない為レングスを変えたらいいのかウィズを変えたらいいのかわからないので最初から視野から外れました。

今あるアウトドア系ブーツは、

1.B-OX(nicks boots製) 4インチ ウォルナットラフアウト ラインマンパッチ付き LTT
2.Red Wing 9874 アイリッシュセッター 6インチ 黒 クロンダイク
3.Red Wing 8113 アイアンレンジ 6インチ ラフアウト ホーソーンミュールスキナー

で、アイアンレンジの色違いで amber harness leather 8111も良かったのですが、すでに手元に一足もなくなってしまったホワイツを履きたい気持ちがくすぶっていたため今回はセミドレスを選びました。

ちょうど間の5インチハイトだし。
うん、何がちょうどなんだろう??

そしてスタイルは手放したニックスをある程度踏襲しました。
だって、あれは小指さえ痛くなければ手放す気はなかったんだから。

ただ、セミドレスだということもあって、少し往年のサーヴィスシューズ(ブーツ)をイメージしてオーダー。


[それでは画像をどうぞ]
いつものホワイツの箱を開けると、何やら違和感。

DSC07485.jpg

!???
今までこんなビニールの袋なんかに入ってなかったぞ。

DSC07486.jpg

しかも、なるべく靴が箱の中で泳がないように、すこし段ボールで空間を詰めてくれてる。



どうしたホワイツ!!?

そんな親切なメーカーじゃなかったじゃない!?

靴出来たからなんも考えんと箱にブッ込んどけばよろしいやろ。
ほな気ぃつけて日本まで行きやー。

っていうノリだったじゃない、今まで!!


DSC07487.jpg

それがこんなロゴ入りの立派なビニールに包まれて入ってきて、正直びっくり。

うんでもまあ全然要らない
けどね。

というわけでこちら。

DSC07488.jpg


うわーうわー。
マジで前任のニックスブーツと何が違うの的な風貌。



・・・・・・・・・・・・。



うんもうね、全然違う。

ミヤマクワガタとギラファノコギリクワガタほどに違う。

だって今回は5インチだし、色だってかなり濃いブラウンだし、メダリオンないし、ソールもミニヴィブラムだし!

DSC07489.jpg

ホワイツファンが見たらちょっと怒られそうなディティールがひとつ、ふたつ。

DSC07494.jpg

ひとつめ。
この最初からトゥが少し上を向いた木型。
セミドレスの木型ではなくC461という木型です。
ホワイツでは、元々はハソーンハイラインの木型を使ったクラシックワークブーツを出していますが、その木型がC461です。
トゥが上を向いている佇まいがすごくよかったのです。

肝心の小指もあたりません。

DSC07491.jpg

ふたつめ。
ホワイツと言えばあの独特のカーブを描くヒールが特徴ですが、今回はblocked heelというまっすぐなヒールです。
1/4インチほどヒールを低くするカスタムも頼んでいたのですが、これ、多分なってない。
まあ、つぎにソール交換する時にでもしてもらうからまあいいや。

DSC07492.jpg

プルループはあった方が絶対に便利。


DSC07495.jpg

コバのダブルステッチは今回はかなりきれい。

メダリオンのないキャップトゥは潔くていい。
男は黙って、的な。


革の種類はブラウンドレス。

ホワイツの「ドレス」レザーは結構侮れない。

以前持っていたブラックドレスも光沢はあるのに強いというとてもいい革でした。

DSC07496.jpg

ふつうに傷がついている件。

DSC07497.jpg

まあまあステッチはきれいでしたが、やっぱり残念部分が。

DSC07499.jpg

スモークジャンパーのとき、ロールドトップにしたらけっこうふくらはぎが圧迫されて辛かったので、今回は切りっぱなし。

DSC07498.jpg

Vibram 430 いわゆるmini vibというやつです。

コマンドミニラグハーフソールと迷いましたが、革とゴムの積層の美しさから#430に軍配が上がりました。

[というわけでまとめです]
Leather:Brown Dress
Celastic Toe Box : Single
Steel Toe::なし
Leather Liner: Cream
Pull Loop:あり
Eyelet Color: Nickel
Sole Trim:Standard Trim(ダブルステッチ)
Eyelet Configuration : Hook and Eyelet
Sole:Vib 430
Half Slip:なし
Heel Shape: Block
Heel Height: Minus 1/4"
Last:461 Classic Last
Midsole :Standard
Midsole/Edge Color: Natural
Size - Length: 8
Size - Width: E

[なんだかんだでやっぱりホワイツいい]
これまで履いてきたのはノースウェストだったので、アーチイーズをそれほど感じなかったのですが、これは結構感じます。
461ラストはセミドラストよりもアーチイーズが弱いそうですが、それでも。
そして歩きやすい。

今度こそ手放さないで履き続けられますように・・・・。

DSC07493.jpg
















ウォーターバッファローも履いてみたい。




関連記事
[ 2013/08/10 00:00 ] | TB(0) | CM(2)

ホワイツセミドレスC461

すごくカッコイイですね!私も今同じような使用で検討しておりますが、C461ラストについていろいろ調べておりますが、ゆったりめですという紹介がされているサイトもあり、結局のところワイズが細いのか太いのかよくわかりません。スモークジャンパーの8Eを所有しているのですが、それと比べてサイズ感はいかがなもんでしょうか?アーキイーズがないためゆったりめに感じるだけでしょうか?ご教授いただけると幸いです。それから「maq miq]とゆうところが安いのですが、信頼のできるところでしょうか?長文になりスミマセン。
[ 2016/12/17 10:26 ] [ 編集 ]

Re: ホワイツセミドレスC461

C461、少し幅広なラストなんじゃないかと思います。arch easeがない分、というのもあるかもしれません。
miqmiqについては使ったことがないのでわかりかねますが、サイトを見ている限りは問題のない販売者のような気がします。
[ 2016/12/28 03:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/375-02a59f15