スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

被災中

はじめの1週間は電気がなく、12日目にようやく水道が復旧しました。

昨日、震災以来初めて入浴しましたが、本当に気持ちよかった。
12日間お風呂に入らない、なんて生まれて初めてです。

その間もずっと仕事には出なきゃいけなかったんですが、電気も灯油もありませんから、とにかく寒かった。
でもsophのマウンテンパーカのダウンとその下にpatagoniaのフリース(R2)を着て、お陰で寒さにやられることはありませんでした。
肌着には即乾/消臭機能を持ったものや、グンゼのホットマジック、無印の温調シリーズを着て乗り切りました。
パンツはミレーのgore windstopperが非常に役立ちました。

衣服というものが、本来外界の変化から身を守るものという位置づけにあることを痛感した2週間でした。


正直sophのマウンテンパーカなんて(何年か前のモデルであることも手伝って)シルエットはけっこうもっさりしてるし暑いしでスキーウェアとしてしか使ってきませんでしたが、今回はまったくそれに助けられました。

今後も洋服を買うことは止めませんが、この震災を経験して、明らかに洋服を選ぶ基準が変わりそうです。

見た目の良さに加えて、今まで以上に機能性を求めるでしょう。
有事の際には、オーバースペックがオーバースペックではなくなるという事実。

常に有事を想定して生活するのも非現実的ですが、その非現実が常に隣り合わせであるということも忘れるべきではないのでしょう。今回初めて死というものを肌で感じました。

まだガソリンは手に入りませんし、食料も全く十分とは言えません。
それでも確実に物流は好転している。

少しずつではあるけれど、僕も僕の日常を取り戻さなければいけない。
今回の震災で、失われたものはあまりにも大きい。
大きすぎる。

それでも多分、僕らは失ったものと引き換えにわずかではあるけれど何かを手にしている。
それを温め、育て、慈しみ、生かしていくことでしか、その埋めがたい空白は埋められないし、前にも進めない。
関連記事
[ 2011/03/24 23:08 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/36-54cbbf56







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。