スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2013F/W 綿という選択肢

workers.jpg
かっこ良すぎ

雑誌にしてもインターネット上のサイトにしても、まるまるスタイリングをトレースするようなことなんてしない。

まったく同じものを買いそろえるのももちろん手間だし、何より頭の先から足の先まで気に入るスタイリングなんてそんなにあるもんじゃない。


けど、2013F/Wのworkersのこのスタイリングにはしびれまくりました。


古着で見かけるような鮮やかなロイヤルブルーのマウンテンパーカ。

パターンはヴィンテージの野暮ったさを払拭して洗練され、素材には撥水加工を施した綿100%という嬉しすぎる仕様。

首元襟元のパターン、着丈の長さが秀逸すぎる。


そこへ持ってきてred wingのiron range 8113。


トラディショナルなアウトドアスタイルのはずなのに、僕にはものすごく新鮮で高度なスタイルに見えます。


このロイヤルブルーのマウンテパーカはもう予約することを決意したし、8113もなるべく薄い色のものを探し始めました(8113はけっこう色もサイズも個体差があります)。


今年の冬、この格好そのまんまの人が歩いていたら、それは確実に僕だと思います。

ええ、まんまこの格好してやりますとも。
















綿の入ったアウターと言えは60/40ですね。


















もうひとつ、綿のアウターと言えばヴェンタイルコットン。
















これもヴェンタイル。
なかなかかっこいい。


















クレッタルムーセンのエイナリーダジャケットもコットン100%でした、そういえば。

















超欲しい。


関連記事
[ 2013/04/21 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/21 17:30 ] [ 編集 ]

鍵コメさま。

了解いたしました。
こちらこそよろしくお願いいたします。
[ 2013/04/21 23:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/22 23:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/331-df8e076e







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。