スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

mont-bell /U.Lダウン スナップジャケット

DSC06747.jpg
上:athena designs アテナデザイン / アランニットカーディガン
中1:mont-bell モンベル / U.Lダウン スナップジャケット
中2:agnes b / ボーダーカットソー
下:flat head / 3002

ようやくみんな風邪から立ち直りました。
僕だけまだ咳が止まらず苦しんでいますが、体調自体は良くなりました。
ああ、マジで辛かった。

でも小さな子供たちはこうやって少しずつ免疫能を獲得していくのでしょう。


[東京はもう桜の季節だというのに]
仙台はまだまだ寒いです。
今日は10℃前後ありましたが、朝夕は1~3℃くらいなんてザラです。
ただやっぱり真冬のアウターはちょっと重たい感じかも。
ちょっと春っぽい格好もしたくなってきます
ただ、ライトなアウターやニットではやっぱり寒いのです。


それに関連して、この冬中ずっと考えていたことがありました。
それは「アテナデザインのニットカーディガンやバーブァーのライトオンスのジャケットは真冬には着られないのだろうか?」ということです。
ニットカーディガンは部屋の中では全く問題のない保温性を発揮するのですが、その防風性のなさゆえ外出にはめっぽう弱いのです。
バーブァーも防風性はニットよりはありますが、その薄さゆえ保温性はちょっとだめです。
ちょっと中に着こめばぎりぎりいけなくはないのですが・・・・・。

モノ自体はものすごく気に入っているのに、その特性上、かなり着用できる期間が短い欠点をなんとかしたかったのです。

[そこに現れた鈴木大器氏とジャック・オコナー氏]
お二人とも超有名人ですが、鈴木大器氏はエンジニアードガーメンツのデザイナー、ジャック・オコナー氏はJ.Crewのディレクター。

彼らが、何の衒いもなくテーラードジャケットやライトオンスのバーブァーのインナーとして思いっきり化繊のダウンをインナーとして着ているのを目にして、確かにこれは機能的だしかっこ悪くもないんだと思い、ま、要はもろパクリしたわけです。

[ダウン=アウターではなかった?]
やっぱりこの辺がそこらへんの凡人との違いなのでしょうか。
それともけっこうこういう着方ってポピュラーなのに僕が無知だっただけなのでしょうか?
いずれにせよ、僕には全くなかった発想でした。
もうダウンといえば超重量級アウターのイメージしかなかったので、なんとなく視界に入っていた軽量ダウンは正直用途がピンと来てなかったために自分の購買枠から最初から外れていたのです。

僕の中での条件は、
・インナー用途だから軽くて薄くてあたたかいもの
・スナップボタン
でした。
で、mont-bellに辿り着いたわけです。
mont-bellは自分のスキーパンツから子供のアウターまでずいぶんお世話になっています。

さすがガチアウトドアブランド。
薄くて軽くてすげえあったかいのにびびりました。
まず、収納性。

DSC06651.jpg
ペットボトル1本分くらい

できれば収納袋別じゃなくてダウン自体に収納スペースを作ってほしかったけど。

DSC06652.jpg

色は無難に黒を選んでしまいました。
というより今シーズンはカラーバリエーション自体があまりなくて選択肢が限られていたのです。
ライムグリーンとか明るいのがよかったんだけど。

DSC06655.jpg

DSC06654.jpg

よーく見ると、リップストップ生地です。

[で、実際に着ると]
まあこれが薄いのにあったかい。800フィルパワーですから(そう書いてあっただけで、僕には詳しくわかりませんが)。
風もOK。

ただ、透湿性は全く期待できません。
本来のレイヤリングの考え方でこれをミッドレイヤ―だとすると落第点です。
かいた汗を吸収蒸散させることが出来ないから、街着としては大丈夫だけど、運動時には適さない。
アウトドアでの用途なら、テントの中とか休憩時のインナーでしょう。

つまり、僕の場合、ニットカーディガンのインナーとして着ましたが、機能的にはやっぱりアウターシェルなんですね。
アウターシェルの外側にファッションとしてのニットカーディガンを羽織っている、と。

でも、これのおかげで、冬でもライトバーブァーとかが着られるようになって嬉しい限りです。
まだやってませんが、テーラードジャケットのインナーとしても試してみたいと思います。
ピッティのスナップを見るとそういう着方をしているファッション関係者も結構おられるみたいですが、ちょっと難易度が高そうですね。
好き嫌いも分かれるんじゃないかと思います
純粋に「かっこよくないじゃん」と感じる人もけっこういそう。

なんにせよ、自分に新しい引き出しが出来た気がした、冬の終わりです。
















買うときこれにはたどり着けなかった・・・。
これでもよかったかな。

















日本製にしてくれたらあと2000円くらい高くても買うのに。
3色です。

関連記事
[ 2013/03/30 20:49 ] アウター | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/325-5f5313ea







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。