Jil Sander / ステンカラーコート

DSC06663.jpg
JIL SANDER ジルサンダー / ステンカラーコート

関東以南はすっかりお花見のシーズンに入ったようですが、東北はまだまだ冬です。


[春になる前に駆け足で今シーズン大活躍したアウターの記事を]
かれこれ7〜8年前に青山のジルサンダーで購入したステンカラーコート。
綿に特殊なポリウレタンのコーティングがしてあって、その素材感、形にものすごく惹かれて購入しました。
この時にはジルサンダー本人はデザインからすでに撤退していたはずで、おそらく特定の誰かではなくデザインチームでジルサンダーの服を作っていたんじゃないかと思います。
確か12〜13万くらいしましたがこれだけ着てれば十分元はとったんじゃないかと。
それにまだまだ着るし。

DSC06664.jpg

立てると自立する襟というのは僕の中ではかなり重要事項で、それというのも僕がスタンドカラー狂だからだと思います。

DSC06666.jpg

すべてスナップボタンですが、一番上だけロゴ入りのボタントップが表に出ています。

DSC06669.jpg

裏地にもかなり手間がかかっていて、上半分と下半分で切り替えられ、すごく肌触りのいい生地。

DSC06668.jpg
こんな生地感

DSC06671.jpg
made in Italy


アウターは圧倒的に3/4丈でAラインのものが好きです。
これに膝下の細いパンツ、華奢でない靴が定番スタイル。

このシルエットの自分の中の源流をたどっていくと、90年代に女の子たちがしていたL〜XLのTシャツ+シマロン・x-girlのスキニーパンツなんじゃないかと思っています。
60年代のモッズも確かに大きなM51に細めのパンツという格好ですが、自分の目で見て触れたものでないとなかなか自分の血にも肉にも出来ない僕には、それらは遠い光景です。


これに替わるアウターはまだ見つけられていない、って書こうと思ったけど、探してないだけだった。

















ベタだけどマッキンですかねえ・・・・。




関連記事
[ 2013/04/08 00:00 ] アウター | TB(0) | CM(2)

Aラインのステンカラーコート!着込んだ感じが生地に出ていていいですねー!しかもAラインを描くコートって今はあまり見ないきがします。着た所も見てみたいですね。

Aラインを描くステンカラーコートに憧れはありますが。冬場は職場に篭りっきりの生活で、無縁の生活環境にいるんですよね。

もう少し着込んでくたびれてきたら。洗濯機で洗って、わざと当たりを出して映画『ブリット』のマックイーンみたいにラフに着てもかっこいいかもしれないですねー。
[ 2013/04/08 16:30 ] [ 編集 ]

通りすがりのチワワさん。

Aライン、好きなんですよ。
買った当時よりもここ何年かの方が着ています。
こういう買い物はしてよかったなあと思いますよね。

なるほど!洗濯器につっこむというのは思いつきませんでした!!

僕も実は冬は職場にこもりっきりで、たぶんおしゃれをするのは休日だけという状況ですので、はっきり言えば今のように洋服は必要ありません(笑)。
でも買っちゃうんですよねえ。
[ 2013/04/09 13:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/323-9618ab5c