shoe treeいろいろ

DSC06623.jpg
持ってるシューツリーを並べてみた

ほとんどの靴にシューツリーが入っていることに気付きました。

前回トリッカーズのシューツリーが届いて(その時の記事:http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-315.html)、せっかくだから持ってるシューツリーでも見比べてみるかと。

DSC06624.jpg

DSC06625.jpg
前列左からparaboot、John lobb、Tricker's、Alden

パラブーツはもちろんparabootsのルーソー(過去の記事:http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-26.html)に入っています。
買った時にお店の人にシューツリーも下さいと言って買ったものなので当然木型には合っているはずなのですが、それよりも実は作りが非常に良くて、つま先の割れたタイプだから汎用性もあり、ヒール部分の持つところ(金属部分)も安定感があります。

John lobbのシューツリーはHermesのJarvis(過去の記事:http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-95.html)に入っています。

Hermesの純正ツリーも当然あって、ヒール部分にセリエが埋め込まれているそれはそれはかっこいいツリーでしたが、お値段も相当にかっこよくてとてもじゃないけど買えませんでした。

で、この靴はきっとJohn Lobb製に違いないと思って、John Lobbの扱いのあるお店に履いていってこれに合うの下さいと言って買いました。

Tricker'sは先日書いたばかりだから割愛。

AldenのはRochester社のOEMで、真ん中の金属のシャフトにしっかり「Rochester shoe tree co.」と刻印されています。
素材はレッドシダーだと思います。
香りは随一。
だけど作りは・・・・。
alden3.jpg


で、後ろの列にいきます。
DSC06626.jpg
左から無印良品、Dankelman、LA CORDONNERIE ANGLAISE3つ(真ん中はブーツ用)

無印良品は普段はAldenのストレートチップ(過去の記事:http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-163.html)に入っています。
理由は・・・・特にないな。

DunkelmanはBonoraに(過去の記事:http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/blog-entry-13.html)。
色んなのに入れてみて、Bonoraのシームレスヒールに一番フィットしたから。
Dunkelmanが僕は一番好きで、素っぽく仕上げてある白木の感じがいいのと、ヒールの持ち手が異常に持ちやすい。
素材はライムウッドでたぶんサンドペーパーがかけてあるだけですね。

dankel4.jpg

LA CORDONNERIE ANGLAISE(ラコルドヌリアングレーズ)は最初に革靴を買い始めたお店に奨められるまま。
AldenとかTricker'sのStowに入っています。
このメーカーはシューツリーの製作本数がどうやら世界一らしく、色んなシューズブランドのシューツリーもOEMで作っているみたいです。
そういえばどことなくJohn Lobbのシューツリーも似てるっちゃ似てる?
シューツリーだけじゃなくて、靴を作る際のつり込みに使うラストそのものもいっぱい作ってるみたい。

DSC06627.jpg
前列ちょっと違った角度から
DSC06629.jpg

DSC06628.jpg

DSC06631.jpg

DSC06630.jpg

この2つだけがちょっと異色かも。
ブーツ用と、ねじ式。

このねじ式のシューツリーは記念すべき第1足目のシューツリーです。
当時、これを買った靴屋さんで「基本はネジ式だよ」と言われ、へーそーなんだー(←棒読み)と買いました。
確かに、靴に合っていれば固定力は強いからね。

他のは全部スプリング式(バネ式)なのですが、ただ単にネジ式があんまり売ってないってだけです。


というわけで、ただ単に画像を貼って、こういうシューツリー持ってんだよって言っただけのエントリーでした。
僕のごく個人的な好みから言うと、つま先も本体構造もバネ式で、ニスの塗っていない仕上げ、さらにヒールの持ち手がリングじゃないものになります。
リングって意外と持ちにくい上にがちゃがちゃうるさいんだもの。

シューツリーの使い方とか、一切触れませんでしたが、このブログ見にくる皆さんはもう知ってるからいいでしょう。

実際のところ僕自身も、
・脱いだ直後に入れた方がいいのか、数時間置いてから入れた方がいいのか
・シューツリーそのものの仕上げ(ニスのあるなし)で吸湿性に違いがあるのか
の2点については正直知りません。

知りませんが、シューツリーの吸湿性なんてそもそもそんなにあんのかよ??と思っているクチです。

そして個人的には外から帰ってきて脱いだらすぐブラッシングしてそのままにしておいて、寝る前にシューツリーを入れて靴棚にしまうという風にしています。
なんとなく履いた汗とか湿気を放出したい感じがするから。

ただ、型くずれを防ぐ意味合いにおいてはシューツリーは必要かな、と考えています。
そうじゃなかったらこんなにシューツリー買ってないですね。
シワが入りきって、つま先のそり上がってる年季の入った革靴もかっこいいな、と思うけど。
















シダーでブーツ用。

















ダスコ!
ネジ式!


















下手したら靴よりかっこいいんじゃなかろうか・・・・。















これがマイフェイバリット。

関連記事
[ 2013/03/25 00:00 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/320-f0221d92