Backbeat GO

DSC05952.jpg
BackBeat GO

[Ear Podsが耳に合わねえ]
きっかけは新しくなった純正のイヤホンでした。
確かに音は良くなった。

が、しかし僕の耳孔に合わない形状になってしまったみたいで、しょっちゅう外れるようになりました。

[どうして青い歯というのだろう?]
せっかくbluetoothが搭載されていることだし、いい機会だと思って、音質に目をつぶりワイヤレス環境を作ろうと決意。

カーステレオではbluetoothで音楽を聴いていましたが、イヤフォンは初めてなのでgoogle先生と価格.com先生にいろいろ教えていただきました。

全く知らなかったのですが、

1.ハウジング内にBluetoothのチップやバッテリーなどが収まり、リモコンスイッチの付いたレシーバー部分を廃したいわゆる「ボックスレス」設計のもの

2.レシーバーやアンプなどのコントロールボックスがあるタイプ

の2パターンに分かれるらしい。


backbeat-go.png  ATH-BT05.jpg
左がボックスレス、右がコントロールボックスあり

どうやらボックスがあった方が音が良かったりとか、無線の感度がよかったりするらしいです。
でもボックスタイプってぶっちゃけ有線じゃんと思ってしまったので、今回は身軽さを追究して、ボックスレスタイプに。


ボックスレスタイプでも色々あって、今回僕が買ったBackBeat Goみたいに耳に入れるだけのいわゆるカナルタイプ
backbeat-go.png
のものと、

よくスポーツ仕様とか書いてある、耳掛け式
AH-W150.jpg
のものがあります。


最近はほぼ常にサングラスをしているので、耳掛け式だとメガネのテンプルと干渉してしまうからダメ。

仙台ヨドバシカメラにも視聴に行ったりして、最終的に今回のBackBeat GOに決めました。

他に上がっていた候補としては、sony MW-1がありました。
MW-1.jpg
曲名表示とかメール受信お知らせとかFMラジオとかいろいろぐっとくるものはあったのですが、やっぱりボックスタイプでしたし、曲名もiphoneそのもので選ぶし、FMもよく考えれば日曜14:00〜黄昏時にしか聴かないし、喫緊のメールなんて来ないので今回はパスしました。

やっぱり何事もシンプルな方がいい。

というわけで、すこぶるシンプルな下のような環境になりました。
DSC05955.jpg


[bluetoothでの無線環境はどうかというと]
あのですね、ものっすげく快適です。

神が与え給うたフリーダムです。

買い物に行った時なんかの洋服の着脱はもちろん楽だし、勉強中なんかも煩わしさゼロ。
ランニングなんかもコードがないだけでずいぶん違うものです。

こんなことなら早いとこbluetooth導入しておけば良かった。


[じゃあ音は?]
です。
earpodsと同じくらいかな。
でもカナル式で密着してる分低音はいいかもしれません。

各所でいわれてる「音が小さい。最大にしても物足りない」という懸案ですが、僕は十分じゃないかと思います。

少しでもボリュームが欲しい方は、
1.[設定]→[ミュージック]→[音量制限オフ]
2.[設定]→[ミュージック]→[イコライザオフ]
のふたつを試してみてください。

少し大きくなります。


接続もポケットやバッグに入れていてもほとんど切れません。

[ちょっとここが難]
カナル式で耳に密着するので、時々動きで耳がこすれてかゆくなります。

風切り音はたしかにするけど仕方ないでしょう。

バッテリ残量表示は、半分を過ぎると、急速に0に近づき、突然落ちます。

こまめな充電と、使わない時に主電源を切っておくことをお勧めします。

だから、普通の有線イヤホンもいざという時のために持ってます。

マルチペアリングが出来ないのもちょっと不便です。



[でも総体としてはかなり合格点のイヤホン]
amazonなんかでは6000〜7000円くらいで買えるし、何より、本当に軽い。

bluetoothに限って言えば、もう軽さのみがジャスティスだと思う。


まだ、体験したことない人はぜひ!














amazonの方が安いです。アマゾンから買ってください。


















青くてステキ。


















backbeat goより明らかに音は良かったです。


















これだったらサンデーソングブックも安倍礼司も聴けたのに。

関連記事
[ 2012/11/28 00:00 ] ツール | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/278-ee9255f6