スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

傷つくことは誰にとっても怖い

DSC05868.jpg
Alden / black calf skin cap toe (modified last)

この靴は、けっこう傷つきやすいみたいです。

一回履くとちょっとした擦り傷がどこかしらについてます。


それでもちょっと手を入れると簡単にリカバーするので、面白いです。
ここ最近頻繁に履いていたのでけっこうぼろぼろでした。


[傷つき具合を画像でどうぞ]

DSC05869.jpg

DSC05870.jpg


DSC05871.jpg



[これにビーワックスを]


例によって、ビーワックスとブラシだけ。
黒用のペネトレイトブラシを持っていないので、普通のブラシの先端で代用しています。

最近はステインリムーバーも使わない時の方が多いです。
理由は特にないのですが、面倒で。

とにかく始めの埃落としのブラッシングを丁寧にして、その後ビーワックスを点でちょこちょことアッパーに置き、ブラシで全体に行き渡らせたら仕上げ用の豚毛ブラシでひたすら(と言っても3分もやってない)擦る。

DSC05872.jpg


DSC05873.jpg


DSC05874.jpg


DSC05875.jpg


DSC05876.jpg

擦り傷はだいぶ目立たなくなって、全体的にマットに光りました。

[最後に、before-afterを並べておしまいにします]

DSC05868.jpg DSC05872.jpg
全体像

DSC05869.jpg DSC05873.jpg
つま先

DSC05871.jpg DSC05874.jpg
踵内側

めちゃめちゃいいカーフでは正直ないと思いますが、けっこうメンテに答えてくれる革だと思います。
気兼ねなく使えるし。
カーフのレビューはそんなに多くない様な気がするので参考までに。
















一度はVチップ履いてみたいかも。















ジョージブーツも履いてみたい。

関連記事
[ 2012/10/22 00:00 ] 靴についての雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/263-63123cff







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。