ROKX ロックス / クライミングパンツ

DSC05369.jpg
ROKX ロックス / クライミングパンツ

20代前半、実際にクライミングをやっていた。

ボルダリングよりも圧倒的にルートクライミングが好きで、確か5.11b~cあたりをオンサイト出来るくらいまで登れるようになったけど、就職して続けられなくなってしまった。

今はこどもが小さいので出来ないけど、次男が4歳くらいになったら家族みんなでクライミングをしたいななんて考えている。


[日常着としてのクライミングパンツの立ち位置]


別にジャージで登ったっていいだろうし当然決まりはないんだけど、やっぱりクライミングパンツというだけあって、実際に穿いてみるとああ登りやすいようにできているな、と思った。

でも、クライミングを始めた頃こそちゃんと(というかなんというか)クライミングパンツを穿いていたものの、だんだん適当になっていってなんてことないショートパンツだったりひどいときはジーンズで登ったりして、クライミングパンツはもうクライミングの時には出番はなくてもっぱら普段着になっていた。

クライミングパンツの特徴はいろんな媒体で紹介されているので今さら改めて書くまでもないんだけど、クライミングのときの各関節の可動域を妨げないくらいだから、日常生活においても相当楽に出来ている。

でも楽さだけを取り上げたらスウェットパンツだって楽だし運動着だって楽だから、日常着におけるクライミングパンツの存在の必然性といえばやっぱりその形なんだろうと思う。

クライミングパンツの代表と言えばやっぱりgramicci(グラミチ)で、僕も例に漏れずグラミチのパンツはショートもロングも数本穿いた。
他にはprAnaとかvervとかクライミング専門メーカーのものも穿いたけど、グラミチのものが一番かたちが好みだった。

最近、また動きやすい服を求めるようになってきて、久しぶりにクライミングパンツでも穿くか、と思ってアウトドアショップに買いに行って、このROKXを試着して、こっちの方がグラミチよりも好みだった、というお話。


[サイズの(my)黄金律]


ROKXはグラミチよりも細い。
モデルによるのかもしれないけど、グラミチよりも好きな形でした。

というわけで、実際に測ってみました。
DSC05369 2
Sサイズです

要はgramicciじゃなくて最近ちょっと有名になってきたROKXを買ってちょっといい感じだからサイズ測ってみたよ、参考になる人にはなるんじゃないかなという趣旨の記事でした。

特に自分のような太ももが細くないけどなんとか細く見えるようなパンツを穿きたいひとにはいい形をしていると個人的に思います。パンツの形もたぶんひとそれぞれ好みが違うんだろうから、一概には言えませんが。


穿いてみるとやっぱり動きやすいし汚れに気を遣わなくてもいいし、形もきれいなんだけど、難点は腰回りの造作です。

DSC05370.jpg


DSC05371.jpg

ゴムの入ったウエストはどうしても思いっきりカジュアルな方向に振れてしまうのでアウトドア~ストリート系にしか使えない。

ここをもうちょっと上手く上品に、シャツと合わせても違和感のないくらいに作ってくれるメーカーがどっかにあればいいのにな。「ドレスパンツにクライミングウェアのディテールを落とし込んだ」とかドヤ顔で言わないようなメーカーが。

色違いで何本か買うかもしれません















色も色々。















ショート丈ですが、mountain maniaという新しめのブランド。
花柄が素敵。


















カラバリはgramicciが上。

関連記事
[ 2012/06/23 00:58 ] パンツ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/217-49fda3df