スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

JR東日本 沿線スマイルプロジェクト


不覚にも涙が出ました。

毎年、宮城県の県北では秋頃にSLが走るのですが、今年は厳しいと思っていたところ『沿線スマイルプロジェクト』として開催されることになり、去る11月12日(土)、仙台ー石巻間をSLが走ったのでした。

沿線スマイルプロジェクトはJR東日本が主催したイベントで、仙台-石巻間を走るSLの沿線で、SLに向かって手を振ろう、宮城のみんなはこんなに元気だよ、というメッセージを全国に送ろう、というものでした。

そしてJR東日本が、沿線のみんなが手を振っている様子を車内からビデオに収めたものを編集し、youtubeにupしたのです。

当日の行程はこうでした。
IMG_0166.png
停車駅は仙台→松島→鹿島台→小牛田→涌谷→前谷地→石巻

電車マニアの息子を持つ私としては鼻息を荒くして参加しないわけにはいきますまい。
しっかり派手な格好をして沿腺に立ち、思いっきり手を振ってやりました。


なんて軽い気持ちで参加したイベントでした。
でも、後日upされた映像を見て、僕は思わず泣いてしまいました。


走りゆく列車に向かってみなが手を振る。

ただそれだけのことなのに、涙を止めることが出来ませんでした。



震災のど真ん中にいましたが、津波の被害や放射能の被害を直接受けていない自分を被災者とは呼べません。
だから僕の流す涙なんてただの安っぽいセンチメンタリズムかもしれません。
・・・それでも。




この映像に映し出された世界には少なくとも光がありました。
景色にはきちんと色がついていました。
僕らのいる場所が全て、本来そうであったように。





この映像のBGMはモンキーマジックです。
彼らもまた仙台人(よく一番町でメイナードを見かけます)。
「headlight」と名付けられたこの曲でしか、この映像は完成しなかったとさえ思います。

どうか、この映像が、もっともっとたくさんの人の目に触れますように。
関連記事
[ 2012/01/08 23:20 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/183-ec1afb19







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。