casio カシオ / G-shock GW-6900BC-1JF

DSC03375.jpg
casio カシオ / G-shock GW-6900BC-1JF

仕事中の時計はこれです。

世の中には色々な人がいて、身につけているもので人となりを判断する人も中にはいます。

以前、ロレックスをしていたとき「ずいぶんいい時計をしているんですね」的なことを言われたことがあります。

もちろん世の中にはロレックスよりも高くていい時計はあるのはちょっと時計に興味がある人ならみな知っていますが、ロレックス=高級=金持ってるみたいなステレオタイプな考え方をする人も少なからずいるのも事実みたいです。

その時は僕も今より若かったから「自分で働いたお金でいい時計を買って何が悪い」と思っていたのですが、やっぱり年を重ねるにつれて丸くなったのか、自分の本質と違うところ(そういう時計を身につけるという点ではある意味本質なのかもしれませんが)で損な印象をわざわざ与える必要はないな、と考えが変わりこの時計に変えました。


G-SHOCKは見た人に悪い印象は与えないんじゃないかと思います。

ああ、G-SHOCK?壊れにくいしね。
みたいな。

値段も高くないし汚れにも衝撃にも強い。
電波時計でソーラー駆動だからメンテナンスもいらない。
はっきり言って機能だけなら複雑な機械式時計なんて目じゃない。

機械式の時計ももちろん好きですが。

このGW-6900BC-1JFですが、実際使ってみると結構大きいです。
ベゼル径(?)50mmあります。
メタルコアバンドはフィット感は悪くないんですがすごくいいわけでもありません。
でもしているうちに忘れます。

反転液晶もけっこう見えにくいです。
でも、全体が真っ黒なのって結構クールです。
これ買ったときsuuntoも候補に入っていたのですが、suuntoのなんとなくおしゃれ感に反発したくなってやめました。

だけどなーんにも気にせず非常に正確な時間が分かります(当たり前だ)。
4年以上経ちますがどこにも不具合がありません。
20気圧防水ですからお風呂はもちろん海水とか雪とかにも突っ込んでますし、長男のよだれにももちろん問題なしです。

蛍光灯の光でも駆動するので当然電池が切れたことなどありません。

最強の実用時計です。
DSC03376.jpg


といいつつ、今年度は仕事の面ではある意味区切りの年で、私生活でも次男が生まれたりと何かとメモリアルな年だったので、ちょっと大物の時計の購入を画策しております。
購入したら報告いたします。

















クラシックなフェイスだけど機能は最新。



















casioとsuuntoは真っ黒でクールな機能時計の双璧だと思います。

関連記事
[ 2011/12/18 22:38 ] 時計 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/169-90ff09b1