スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

iittala イッタラ / Kartio Kaj Franck 1958

DSC03501.jpg
iittala / Kartio Kaj Franck 1958 イッタラ / カルティオ カイフランク 1958

人の体は常に同じように見えて、もちろん表面上は同じなのだけれど、その「同じ」を保つ為に全ての細胞が間断なく働いている。
そこには絶え間ない流れがあり、目には見えない動きがある。
それが人間の代謝とか恒常性とか呼ばれるものだ。

その恒常性を保つために、というわけではないけれど、僕は日常的に水をなるべく意識的に摂るようにしている。

人間の体の約60%が水で出来ていることは誰だって知っている。
そしてその水は当然毎日のように入れ替わっている。
新しい水がやってくれば古い水は吐き出される。
おそらくは体の中に淀んだ澱とともに。

であれば、僕らは積極的にきれいな水をなるべくたくさん摂取して、汗や呼気や尿として排出しなければならない。
僕らの体において、停滞は一種の死に等しいからだ。

いつもこんなことを考えながら水を飲む。

もしそこに美しいグラスがあれば、これ以上言うことはない。



学生のときラグビー部で、砂入りの水をごくごく飲んでいたtkjですこんばんは。
あの水おいしかったなー。

僕も妻も食器とかコップとか日用品が大好きで特にコップはいつもiittalaのものです。
色もかたちもきれいだし、人体にも環境にも害のない無鉛ガラス。

そもそもガラスに鉛を入れる理由は
・融点が低くなることから加工しやすくなる
・透明度、光沢がよくなる
ことのようです。

正直材質のスペックについてはこだわりはないのですが、おまけでついてるならなおOK。

うちにあるコップはすべてiittalaのものです。
調べたら、カルティオ(kartio)、EGO(これはコーヒーカップですが)、アールトのボウル、アールネ(Aarne)、オテ(ote)とこんなにありました。

iittalaは注いだ時に水を最も美しく見せてくれるグラスだと思っています。
1脚あたりもそれなりに値段はしますが、十分に価値があります。

結構高価なものを買っちゃう僕ですが、ハレの時に使うものよりもケの時に使うものにお金を使うべきだと思っています。

少し高くても、こういうコップで飲む水は体も心も豊かにしてくれます。
少なくとも、僕にとっては。
DSC03504.jpg












スタッキングが出来ます。
生産終了してたのか・・・・。




iittala(イッタラ)Design Göran Hongelliittal...

iittala(イッタラ)Design Göran Hongelliittal...
価格:4,200円(税込、送料別)










僕が一番好きなアールネのハイボールです。
ちょっと容量は少なめですが何を注いでも絵になります。




iittala (イッタラ) Ego (エゴ) ...

iittala (イッタラ) Ego (エゴ) ...
価格:3,990円(税込、送料別)










これでカフェラテ飲むとちょっとだけおしゃれな気分になります。















キャンドルホルダーですがうちでは玄関先の鍵置きとして使っています。

関連記事
[ 2011/12/14 22:36 ] 日常小物 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/168-58c634fb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。