スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

bonora ボノーラ

DSC01396.jpg
5年ほど前に購入したbonoraのストレートチップとウィングチップの中間みたいな靴です。

色はダークブラウン。
ガラスレザーっぽいです。
グッドイヤーウェルテッド。

ボノーラは、イタリアでも最も古参の靴工房で、ハンドソーンとかノルヴェジェーゼをメインの製法として靴をつくっていたが、経営が思わしくなかったのか数年前に倒産。
しばらくしてどういう経緯かは知りませんが多分どこかが経営母体となって復活。
all aboutの記事を読むと、モレッティ家が、とあります。モレッティ家についてはよく知らないので明言を避けます。モレッティビールのモレッティかしら?


これは復活後の新生ボノーラのものです。

ボノーラも欲しい欲しいと思ってる間は収入が少なく買えず、買えるようになった時には生まれ変わっていた、というタイミングの合わないブランドでした。

どうも、旧ボノーラはイギリスの香りがしてよかった、今のボノーラはイタリアよりになり残念、みたいな記事をよく見かけますが、まずはかっこ良ければOKなので旧だろうが新だろうが、気にしません。
その上で歴史や背景が伴っていればなお満足。

実は、持ってる靴の中でいちばん好きかもしれない。
地味すぎず派手すぎないブローギング(パーフォレーション)。
ほどほどのロングノーズ(画像からは結構なロングノーズに見えるかもしれませんが)。
丸みを帯びているのに洗練されたトゥ。



DSC01397.jpg
内側。靴底が真っ赤なのがちらっと見えます。ヒドゥンチャンネル仕上げ。

DSC01398.jpg
外側。

DSC01399.jpg
後ろ。シームレスヒールは旧ボノーラからの遺産でしょうか?
美しい、はずなんですけど、俺の指紋が

自分の靴箱にこういう靴があるということは、ささやかな人生におけるささやかな喜びです。
関連記事
[ 2011/02/10 00:00 ] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/13-48dbb0a9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。