スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

junghans(ユンハンス) / wall clock

DSC02970.jpg
Max Bill(マックス・ビル) by junghans(ユンハンス) / 壁掛け時計

自分で稼ぐようになったら、必ずこの時計を買う、と心に決めていました。

今から10年ほど前、僕がインテリアとか建築デザインとかに興味を持ち始めた頃、その世界のブームはミッド・センチュリー・モダンだったように思います。
ファッション雑誌でさえイームズの特集を組み、柳総理のプロダクトを褒め讃え、モンステラが多くの若者の部屋でその葉を茂らせていました。

DCM(ダイニングチェアメタル)なんかは当時すごく憧れて、就職後購入して今も使っていますから、イームズも大好きです。
でも、じゃあ諸手を挙げてミッドセンチュリー最高!!と思っているかといえば、そんなことはない。
僕が当時から足繁く通っていたインテリアショップが昔から北欧デザインに強かったためか、どちらかと言えば北欧デザインの方が好きです。
でも北欧デザインは僕の好みからするとwoodの要素が強く、かといってコルビュジエとかファンデルローエみたいな革+ステンレスの使い方は好きじゃない。

自分でもその落としどころを見つけられていないのですが、このjunghansの時計は全てが完璧だと思いました。
無機質な素材感とそれに不思議と融和する円のデザイン、キュートなフォントのアラビア数字。

時計の機械そのものは普通のものなのでよく時間が遅れていますが、この完全なデザインの前にはそれも許せてしまいます。

DSC02971.jpg


見るたびに幸せな気持ちになる時計です。














いずれ妻とお揃いで買おうかと思っています。
腕時計ヴァージョンです。



















これの電波時計が出たら確実にもう一個買う。

関連記事
[ 2011/09/03 00:00 ] インテリア | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://qwerty1234567890.blog116.fc2.com/tb.php/124-65fdec10







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。